ここから本文です

【デモ隊の告白12】「プロテスタントとカトリックが支援に駆け付けた」香港の牧師

2019/12/8(日) 18:04配信

ニューズウィーク日本版

<半年を超え、長期化する香港デモ。デモ参加者たちが何のために戦ってきたか、それぞれの本音を聞いた本誌「香港のこれから」特集より>

香港で逃亡犯条例改正案に反対するデモが始まって6カ月。身の安全を守るため、デモ参加者のほとんどはマスクで顔を隠してきた。

【動画】デモ参加者と見られる女性を警察が拘束する瞬間

時に暴徒と非難されながら、彼らは何のために戦ってきたのか。その素顔と本音を香港人の写真家・ジャーナリストが伝える。

本誌12月3日号(発売中)「香港のこれから」特集で取り上げた、15人のデモ参加者による「仮面の告白」。そのうち2人をここに掲載する。

牧師 譚敏(38)

教会では若者と在職青年の支援を担当し、牧師として抗議活動の現場にいる。聖書にはこう書かれている。「それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、へりくだってあなたの神と共に歩むことではないか」(ミカ書6章8節)。その言葉に従って行動してきた。

6月12日に催涙ガスが乱射された場面を目撃した。パニック状態となって逃げ出そうとする人、恐怖で泣きだした人、どうしたらいいのか分からなかった人もいた。若者たちは何の過ちを犯し、なぜこのような恐怖を体験しないといけないのかを、自分に問い掛けた。伝道者としての私は、何ができるのだろうかと考えた。

衝突の中に割り込んで、仲裁役を試みた。傷つけられた彼らは怒りから抜け出せず、怒りに支配され、その結果体にさらに傷を負う可能性がある。そうならないように情緒面の支援から始めた。

今回の抗議活動には、プロテスタントとカトリックの有志が宗派を超えたチームを立ち上げ、支援に駆け付けた。祈祷会も教会の中だけではなく、街中で行われた。こうしてキリスト教信者が目覚め、政治と宗教の関係について考えるようになった。

香港の希望というのは、香港人精神をどうやって生かすかだ。政府が変わらなくても、香港人が香港人の特質を生かせば、まだ希望はある。

<2019年12月3日号「香港のこれから」特集より>

ビオラ・カン(写真・文)

最終更新:2019/12/8(日) 18:46
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事