ここから本文です

これが「デル・ピエロ・ゾーン」だ! ユベントスのレジェンドがラツィオを沈めた鮮やかな一撃

2019/12/8(日) 12:14配信

フットボールチャンネル

 ユベントスは現地時間7日、ラツィオとのアウェイゲームを1-3で落とした。しかし、25年前は、一人のスターが輝きを放って勝ち点3を手にしている。

【動画】まさに十八番。デル・ピエロ・ゾーンからの一撃がゴールを襲う

 1994年12月11日、ローマのスタディオ・オリンピコでユベントスはラツィオと対戦。この試合で2ゴールを挙げて主役になったのが、若き日のアレッサンドロ・デル・ピエロである。

 相手をかわして左サイドでボールをキープしたデル・ピエロは、2人のDFの間をドリブルで突破してペナルティエリア内に侵入すると、右足を振り抜いてゴール。“デル・ピエロ・ゾーン”と呼ばれた十八番の形でラツィオの悪夢になった。

 ユベントスの公式ツイッターは、7日のラツィオ戦を前にデル・ピエロのこのゴールを動画で紹介した。

 この日のユベントスは好調ラツィオに屈して初黒星を喫したが、レジェンドの華麗なゴールを見れば、ファンの傷も少しは癒えるかもしれない…。

最終更新:2019/12/8(日) 12:14
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事