ここから本文です

パドレスがユニホームに続いてコーチ陣を一新! 前ヤンキース投手コーチ招聘で底上げ図る

2019/12/8(日) 13:33配信

ベースボールチャンネル

今季のチーム防御率はリーグ12位

 サンディエゴ・パドレスが、今季までニューヨーク・ヤンキースで投手コーチを務めていたラリー・ロスチャイルド氏を同じく投手コーチとして招聘した。米スポーツ専門サイト『ESPN』が7日(日本時間8日)、伝えている。

【写真】パドレスが新たな“戦闘服”発表!球団創設時の茶色と金色、ストライプ採用で雰囲気ガラリ一変

 ロスチャイルド氏は今季まで9年間ヤンキースでコーチを務め、シーズン終了後に解雇を言い渡されていた。同サイトによれば、パドレスがダレン・バルズリー氏の後任として招聘したという。

 パドレスは今季チーム防御率がナショナル・リーグ15チーム中12位の4.60、5球団が所属する西地区では4位と低迷していた。名門ヤンキースで指導していたロスチャイルド氏の就任により、チームの弱点である投手陣の底上げを図っていきたい。

 最近5年間で地区最下位が今季を含めて3度、4位が2度となかなか上位進出が果たせず苦しむパドレス。来季はジェイス・ティングラー新監督や前述のロスチャイルド氏をはじめ、ベンチコーチのボビー・ディッカーソン氏、一塁ベースコーチのウェイン・カービー氏、ブルペンコーチのベン・フリッツ氏とコーチ陣を刷新して臨む。

 その他にもグレン・ホフマン氏が三塁ベースコーチとして復帰する他、スキップ・シューメイカー氏が一塁ベースコーチからアソシエイトマネージャーに、ダミオン・イーズリー氏が打撃コーチ補佐から打撃コーチに、ロッド・バラハス氏がベンチコーチから捕手コーチに配置転換が続々決定している。

 積極的なトレードやFA選手の獲得で積極的な選手補強を行っているパドレスだが、彼らを指導する新コーチ陣も、“原点回帰”を掲げ新しくなったユニホームとともにパドレス復活を後押しする。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/8(日) 13:33
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事