ここから本文です

サザンオールスターズ、ライブ映像作品が3部門同時1位の快進撃 桑田佳祐がラジオで喜び語る

2019/12/8(日) 18:04配信

リアルサウンド

 サザンオールスターズが11月27日、40周年を記念する全国ツアーの模様を収めた映像作品『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』をリリース。オリコンデイリーDVDランキング・Blu-ray Disc(以下、BD)ランキングで連日首位を快走し、週間映像DVD・BDランキング、そしてミュージックDVD・BDランキングの3部門同時1位を獲得するなど40周年を越えてなお快進撃を見せ続けている。

 先日放送された桑田佳祐のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(JFN系38局ネット)では、「早いもので、12月。昨年を振り返りますと、ちょうどこの時期は、『ひとり紅白』(Act Against AIDS 2018 平成三十年度! 第三回ひとり紅白歌合戦)をやってました。年末には本家・紅白歌合戦が控えていましたけれども、今年の予定は“紅白”ではなく“空白”でございます。ぜひDVDやBlu-rayでお会いしましょう!」と語ったように、年末の年越しライブがないだけに、多くのファンの年末年始の楽しみになるのだろう。この日の放送では、ツアータイトルになぞらえて「●●だと!? ふざけるな!!」という体験がメールテーマになっており、リスナーから「桑田佳祐が年越しライブをやらないだと!? ふざけるな!!(笑)」という、愛のあるイジりも受けていた。

 あらためて同作品の内容を紹介すると、2019年3月から6月にかけて行われたバンド史上最大の全国ツアーの様子を収めたもの。ファイナルとなった東京ドーム公演の模様を中心に、貴重なメイキング映像なども収録されている。誰もが知る名曲の数々はもちろんのこと、まだタイトルが(仮)だった「愛はスローにちょっとずつ」の瑞々しいパフォーマンスや、今ツアー用にアレンジし、〈また逢おうね みんな元気で ありがとうね〉というメッセージでツアーを締めくくった「旅姿四十周年」など、何度も繰り返し楽しみたい楽曲が盛り沢山だ。国民的バンド=サザンオールスターズの記念すべきツアーが収められた一枚として、今後の音楽シーンで語り継がれていくだろう。 

 番組には、店頭で同作を購入したというリスナーから、「小田和正さんの全国ツアーのBlu-ray、山下達郎さんの新曲と発売日が同じということもあり、先輩方の作品と一緒に、大好きなサザンのDVD&Blu-rayがひな壇の上に並んでいる光景に感激しました」と、日本の音楽史に残る1日をよろこぶ声も届いていた。桑田も「小田さんと達郎さんと同じ日に並ばせていただいているということで、嬉しいですよね」と一言添えていた。

 昨年の紅白歌合戦のような熱狂も素晴らしいが、レア曲も含め、ファンが本当に聴きたかった楽曲が網羅されたDVD&Blu-rayとともに、穏やかに過ごす年末も粋なもの。12月31日の大晦日には、2003年の「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」から最新曲「愛はスローにちょっとずつ」までが収められたサザンのミュージックビデオ集『21世紀の音楽異端児(21st Century Southern All Stars Music Videos)』もリリースされるので、合わせてチェックしたいところだ。

橋川良寛

最終更新:2019/12/8(日) 18:04
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事