ここから本文です

忍野さら、体当たりで臨んだ写真集「3%くらいは恥ずかしかった」

2019/12/8(日) 16:45配信

ザテレビジョン

グラビアを中心に活躍中のタレント忍野さらが、11月27日に自身2冊目となる写真集「浪漫」(ワニブックス)を発売。都内の書店で出版記念イベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】まっさらな状態でほほ笑みかける忍野さら

およそ2年ぶりとなる写真集。忍野は「不思議な1冊になったなという感じで、自信作なのはもちろんなんですけど、今回は幻想的なシーンと親近感あるシーン…一緒に住んでいるようなシーンのコントラストが強くて。

妄想と現実を行き来するような、そんな気分を見ている方には味わっていただきたいなと思います」と笑顔であいさつした。

お気に入りのカットについて、“入浴シーン”を挙げた。「露出を頑張っていて、服を着ないで撮影したシーンがいくつかあるんですけど、その中でも、まっさらなら状態で、笑顔も自分らしいショットだなと思って」とその理由を明かした。

お気に入りのカットも含め、全体的に“体当たり”で臨んだ印象の仕上がりとなっているが、恥ずかしかったシーンに関して「裸の状態もあったんですけど、私、家の中でも結構裸でいることが多くて(笑)。

裸には割と慣れていたかなというのもありつつ、撮影はお仕事なので、“お仕事の自分”ということで恥ずかしいとかはないですね。3%くらいの自分は恥ずかしがってましたね(笑)。

家の中に鏡をいっぱい置いていて、太ったらたらすぐ気付けるように(笑)」と、意外な日常生活の様子も告白していた。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/8(日) 16:45
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事