ここから本文です

鎌田大地、ドイツで輝き放つ“高難度プレー” 緊急事態で1トップ起用も「やっぱり僕は…」

2019/12/8(日) 17:30配信

Football ZONE web

【ドイツ発コラム】マインツに1-2逆転負けのフランクフルト、退場者を出し鎌田が1トップにシフト

 フランクフルトの日本代表MF鎌田大地は、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第5節アーセナル戦(2-1)で見事な2ゴールを挙げて、チームの逆転勝利の立役者となった。そして中2日で迎えた現地時間2日のブンデスリーガ第13節マインツ戦(1-2)では、2トップの一角としてスタメン出場を果たしている。

【動画】日本代表MF鎌田大地が奮闘も逆転負け… 「マインツ×フランクフルト」(2-1)ハイライト

「前半すごい僕自身は良かったと思うし、いい入り方ができて、いい得点の奪い方もできた」と振り返るように、流れは完全にフランクフルトがつかんでいた。鎌田は前線にとどまらず、中盤のスペースに好タイミングで何度も下がってきては味方からボールを引き出し、攻撃のリズムを作り出す。シンプルにサイドにはたいたり、鋭いターンで前に持ち上がったりと起点になるプレーを次々に見せ、好調ぶりを感じさせた。

 特に素晴らしかったのが、前半37分のプレーだ。中盤センターでボールをコントロールすると、すぐにターンをしてドリブルで右サイドに運んでいく。そして相手守備の意識が自分に集中してきた瞬間を見逃さずに、身体は右サイドを向いたまま逆サイドを上がってきていたMFフィリップ・コスティッチにサイドチェンジパスをピタリと送ってみせる。惜しくもシュートチャンスまでは持ち込めなかったが、高難度のプレーにアウェーまで駆け付けていたフランクフルトサポーターからは歓声がひときわ上がっていた。

 前半33分に生まれたDFマルティン・ヒンターエッガーのゴールでリードしていたフランクフルトは、「1-0で勝っていて、チームとしては余裕もあったし、上手くカウンターだったりもハマっていた」が、同44分にこの試合でマインツが初めて見せた鋭いカウンターから流れが変わってしまう。フリーで抜け出そうとしたマインツMFレビン・エズトゥナリをMFドミニク・コールがファウルで止めたが、決定機阻止の判定で一発退場に。

 1人少なくなったことを受けてアディ・ヒュッター監督は、後半から鎌田を1トップの位置で起用。ただ本職ではないポジションだけに、なかなか良い形でボールも入らず、複数の相手選手に囲まれるシーンも多かった。

 後半立ち上がりに連続失点を喫してしまったフランクフルトはその後、数的不利ながら懸命に攻め続けたがスコアは変わらず、もったいない負け方をしてしまった。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 17:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事