ここから本文です

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(81)

2019/12/8(日) 12:00配信

新潮社 フォーサイト

「資生堂美容部長」という肩書きを社長の伊代田から直々にもらい、おしゃれの先端を行く『花椿』の編集部を卒業したあきは、おしゃれの指導者の域に入っていく。

 日本の化粧は戦後、西洋の化粧法を取り入れていくスタイルを確立していくが、戦争による長い空白の時があるために使い方さえわからないものが数多くあった。マスカラ、アイライナー、アイラッシュカーラー……。それに洗顔や化粧水などの、基礎化粧品の正しい使い方や順番。

 資生堂には300種類もの商品がある。手引書(マニュアル)を作り、化粧品1つ1つの正しい使い方を指導していくという作業からあきの仕事は始まった。

 あきが指導していくのは、資生堂「チェーン・ストア」全国7000店の女主人たちだ。

 小売店の女主人たちの年齢は20代から50代。それぞれの地元から上京してきて、あきの講義を1週間毎日3時間聞く。汽車賃や宿泊費は自腹だが、銀座の洗練された空気に自分の仕事をかさね、夢と希望をふくらます。

 時代はのちに言う「高度成長期」の入り口に立っていた。

 最先端に飾られたウィンドウに見とれ、行き交う男女のきちんとした身なりに思わず振り向く。

 講義が始まり講師をする女性は還暦に手が届く年齢だというが、その艶と張りのある肌に心底驚いた。どうしたらこんな肌を保てるのか。

 自分の店の周りの還暦の女たちは皆、浅黒い肌にくっきりと深いシワが顔全体に刻まれている。よしんば顔は白く塗りたくられたとしても、手は真っ黒だ。この講師の女性はいったいどんな人なのか。

 講義の最初、あきが年齢をほのめかしたところから、女主人たちは魔法にかかったようにあきの顔を食い入るように眺め、あきの話に引き込まれる。

「美しさは幸福への約束ですと言ったのは、フランスの小説家スタンダールです。この名言の解釈には諸説ございますが、ワタクシは美しい心を持ち、外見も美しくいようという努力をしていく気持ちが幸せを引きよせると信じています。

 皆さんは誰のために装うのですか……? ワタクシはかつて愛していた夫のために装っていましたが、今はひとりです……。

 この自分を私自身がかわいがってあげなければ誰がかわいがるのでしょう。おしゃれというのは自分をかわいがることです。私はおしゃれをします。おしゃれは楽しいです。自分がより愛しく、大切に思えます。

 みなさんはお客様を美しくしてさし上げることによって、その喜びが自分に返りさらに幸せに美しくなるのです」

 実際、あきの美容やおしゃれに対する意識や知識というものは、非常に高いものだった。芯が通り、一過性の流行や世相に踊らされることのない、本質を見ぬく目を持っていた。

 初日、あきの講義を聞き終えたチェーン・ストアの女主人たちは興奮気味に話す。

「あの藤原センセて、綺麗やな」

「還暦ちかいて言うてたけどとても見えませんわ」

「旦那さん亡くなったんかな」

「あんた知らんの? センセの旦那さん『我らのテナー』って呼ばれた藤原義江やで。それで旦那の浮気で今はひとりなんやろ」

 初めこそあきの年齢や私生活に興味津々の女主人たちではあるが、あきの美に対する造詣の深さ、それも独りよがりのものではなく、日常の生活に根ざしたわかりやすい話にぐいぐいと引き込まれていく。

「みなさんは化粧品を販売していくのがお仕事でありますが、おしゃれというのはうわべだけを塗ってごまかせるものではないのです。毎日いただくお食事からの栄養のバランスによる体の健康、そして気持ちの健康があってこそのおしゃれなのです。みなさんはお客様に気持ちの健康をもお分けすることができるのです。ストアに来られるお客様に、化粧品の知識とともに、上品で丁寧な対応に加え元気という気持ちの健康も与えられれば、またみなさんに会いに、また化粧品を求めにやって来ます。

 女性というのは販売員でなくとも、愛想の良い顔を見せることが、あなた自身のためによいばかりか、同時にあなたに接する人たちにたいする礼儀でもあるわけです。ですから愛情や金銭の問題に悩まされている時でも、顔だけいつも微笑みを含んで愛想よくふるまってください。こうした習慣が、長い間には体にしみついて、あなたの個性をより美しくするのです」

 あきは自分の経験から、苦しい時苦しい顔で日常を過ごせば余計に福は逃げていくということを言っている。

 世界を見てきた眼で、日本女性の肌の美しさにも言及する。

「今は大半の女性が洋装を取り入れています。お化粧も西洋の文化を多く取り入れてございます。でも、日本女性の肌の素晴らしさは他の国では見ることができません。ヨーロッパやアメリカは幾度としれず、南米にもまいりました。西洋のご婦人というのは毛深くザラザラとした肌が印象的ですが、日本女性はなめらかでキメが細かくツヤツヤしていますものね。だからこそ日本女性は、いたずらに、あちら好みのお化粧に夢中にならず、個性的なお化粧をしたらもっと美しくなると思います。やたらに白くなりたいっていうの、もう古いと思います。色のある肌をもっと魅力的にすることを考えたらよいのではないでしょうか」

 といってあきは資生堂「モダンカラーフェースパウダー」を取り出して、正しい使用法を説明していく。

「日本女性のわるい点は、もう30に手が届く頃になると暦の年齢ばかり気にすることですね。三十路で売れ残りだわとか、五十路で夫に振り向かれもしないとか年齢ばかり気にすることです。歳のことばかり考えてあらゆる意欲にストップを号令するみたいに、年齢に負けてしまうのね。男だって暦ばかりに気を配っているとすぐボケるのですよ。女性はいつまでも若く美しくあって、いつでも“恋”のできる気持ちと、体の均整を整えておくべきではないでしょうか」

 恋などという言葉にドキッとする女主人たち。そうかと思うと、

「子供というのはいつでも若々しく綺麗なお母さんというのを求めているものなのですよ」

 と言われて女主人たちは自分の子供達を思いだす。

 あきは昔から香水好きである。女学生時代から「ブーケ・ダムール(愛の花束)」という花の香りのものを愛用していた。義江と結婚してからは甘い「黒水仙」「白水仙」「パリ」「ミラクル」という情感をそそるようなものに変わっていった。義江はじゃ香やアンバー(琥珀)などを取り入れた動物的なものを好んで手にしたという。

「みなさんは香水は使われませんか? ワタクシはこの通り、大好きですのよ」

 香りを振る仕草をする。

「でもそれは男が感じるもので、女がどうこういうものではありません。どだい自分という女がそばにいるということを感じてもらいたいためにつけるのですよ。男性を完全に魅了しきるといった計算がちゃんとあるわけです。つまりおしゃれの最後の仕上げは香水なのです。これを理解しない男はまず落第、女心なんてわかりませんわ」

 などというくだけた話もするが、同時に資生堂が香水に力を入れていることもアピールしている。社長の伊代田は香水開発の部署にいた科学者でもあるわけで、あきはこのことも頭に入れた講義だ。媚びへつらうわけではない。自分を会社に入れてくれた感謝の気持ちが、香水の話に向かわせてしまう。

「今日のワタクシの香りは、今年我が社から出たこちらの香水『ホワイトローズナチュラル』です。朝露に咲く白バラをイメージしました。この美しい瓶はクリスタルガラスを多面にカットしたもので、咲き誇る白バラを表現しました。今までは舶来品が主流でしたが、日本の香りはここまで素晴らしいものになりました」

 女主人たちが知らなかった明治からの和装の伝統、女主人たちがまだ知らない西洋のおしゃれを、あきは持論を持って時に興味を引くようなネタも入れて講義をしていく。

 全国から集まる女主人たちはあきの話に魅了されていく。

 あきが資生堂に就職してすぐ記した文がある。

〈私は人間だが女だ。あまりに長いこと女でありすぎたので、人間である面より、女である面の方が強いのである。人間になり切って人間としての生きがいに、心から満足するまでには、女であった四半世紀と同じ時間が要るのではないかしらとも思って居る〉

 不安な考えはどこへやら、『花椿』編集部にいたときよりも、あきには手応えを感じるものがあった。

 なぜならあきには「教える」「指導する」という天性の素質が備わっていた。 

 最初の夫宮下にはあきもまだ若く相手の年齢が高かったため、教えるというよりも上から押さえつけ教えられることがわずらわしかった。

 1つ年下の義江には一般常識の欠落している部分を丹精込めて教え込んだ。

 新聞の読み方、お客様の家での作法。義江が一流の人間になったことは、歌だけでなくそういったあきからの学びだと周囲は思う。

 ところが義江も成熟していくとあきからの教えがうとましくなっていった。その結果義江は「恐妻家」に、あきは「口うるさい妻」という役割になっていった。

 しかし今、あきの眼下であきからの学びを、しっかりと目を見据えて聞き、時にうなずき、時に笑い、帳面にあきの言葉を記す受講生がいる。

 1週間の講義であきと女主人たちの信頼関係は深いものになり、女主人たちは会社や商品に対して情熱を持ち、生き生きと自分の店を切り盛りしていく。

 あきも、何十年も自分の中に蓄積してきた「おしゃれ」について話すことは天職とも思えた。

 資生堂関係者は、あきの一本通ったおしゃれの本質に魅了されていたが、世間はどう思っていたのであろう。

 それは、紛れもなく藤原義江を他の女に取られた、哀れな女だった。歌劇団で居場所がなく今はいったい何をしているのやら。

 年配の者や物覚えがよい者は、25年以上も前、医師夫人の女が「我等のテナー」を追って日本脱出したことを思い出す。あの時、夫と子供を捨て日本脱出を図った女は、そのテナー歌手にも捨てられることになるとは、因果応報だ――。

 世間はそう思っていたかもしれないが、あきは今までにない充実した時を過ごしている。

 娘時代や義江が全盛期の時のように、おしゃれにお金を使うことはできない。だが、知恵でそれを補う。5年も10年も大切に着ている着物に入念に手入れを施し、新しい感覚の帯をしめて「ニュー・ルックですのよ」と言う楽しさ。

 そして「私は今仕事を持っている。そして、私はこんなにも満ち足りている!!」と叫びたい気分だ。

 その叫び声が全国にとどろくのはもうしばらくしてのことだが、あきは近い将来のことなど想像さえできずに今を、今日を懸命に生きていた。(つづく)

佐野美和

最終更新:2019/12/8(日) 12:00
新潮社 フォーサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事