ここから本文です

クリスマスの「ローストチキン」をフライパンだけでシンプルに作る方法

2019/12/8(日) 8:46配信

女子SPA!

【私、今日から料理上手です Vol.4】~クリスマス・ディナー編 第1回~

 手作りは、やっぱりおいしい。

⇒【写真】調味料は2つだけ

 もうすぐクリスマス。“クリスマスグルメ”として真っ先にイメージするのは、「ローストチキン」ではないでしょうか? 骨付きジューシーなチキンを、熱々の焼きたての状態で食べる幸せは、無二の幸せでしょう。でも料理素人には難しいのでは……、なんて思ってしまいますよね。実は料理に自信がなくても、大丈夫! シンプルな食材で、簡単に、おいしく作ることが可能なんです!

 そこで今回は、フライパンで焼いて感動級の味!「クリスマスローストチキン」の作り方をご紹介したいと思います。

ポイントは1つ、下味にあり

 チキンの下味となると、特別なハーブや調味料が必要なんじゃないかと想像する人も少なくないでしょう。今回は、もっと身近で、子供も大好きな「てりやき味」を作りますので、そういうものは一切不要。下味に使うのは、「しょうゆ」と「ジャム」の2つのみなんです。ジャム???そうです、オススメは、イチゴかあんず(アプリコット)のジャムをご準備ください。

 イチゴジャムは、酸味のある濃厚さがお肉料理と相性が良く、華やかな香りを与えてくれます。あんず(アプリコット)ジャムは、ジャム売り場に必ずや置いてあるものの、意外と手が伸びない人もいるはず。イチゴなどと同じ値段感で購入することができます。味の特徴としては、華やかな香りを重視したい人はイチゴ、てりやき味のまろやかさを重視したい人はあんずを選ぶと良いでしょう(今回は2つをミックスして使っています)。

 下味タレの分量は、骨付きチキン1本につき、醤油大さじ3+ジャム大さじ1.5(※)。たったこれだけですが、醤油と果物のパワーを信じましょう。シンプルな味付けは鶏肉本来の旨味をしっかり堪能することができます。スパイシーさやコクを加えたい人は、すりおろしショウガやニンニク、コショウや七味唐辛子を加えたりと、慣れてきたらアレンジも楽しんでみてくださいね。

※1日以上肉を漬け込む場合は、醤油大さじ2+ジャム大さじ1にしてください。

 では早速作り方をご案内しましょう。

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 10:20
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事