ここから本文です

月収10万円、中年独身男の貧しすぎる食生活。丸亀製麺で自作“天かす丼”140円…

2019/12/8(日) 8:55配信

週刊SPA!

 家計のムダ遣いを減らそうと思った際、家賃や光熱費といった固定費に比べて、節約しやすいのが食費や遊興費などの変動費。

⇒【写真】たまに食べる、丸亀製麺の「自作ネギ天かす丼」(140円)

 総務省『家計調査』を見ると、単身世帯の1か月の食費の平均額は4万0026円(2018年)。外食で済ましたり、お弁当や総菜などを買ってくることが多いため、どうしても食費がかさみがちだ。しかし、見方を変えれば、それだけ節約の余地は大きいともいえる。

貧乏メシにしないと生活できない

 運送会社の集配所で仕分けのアルバイトをしている大村晃弘さん(仮名・33歳)の月収は約10万円。住まいは築40年近い安アパートだが、家賃だけで3万9000円かかってしまい、「給料の範囲内で生活するには食費を削らないとやっていけない」と話す。

「平均すると、食費は月1万3000円~4000円くらいです。本当は月1万円以下に抑えたいのですがさすがにそこまでは難しくて」

 単身者の平均食費額の3分の1という時点で十分スゴいと思うが、収入自体が少ないせいか本人はまだ納得いっていない様子だ。

 そんな大村さんは10代のころから引きこもりがちで、それが原因で大学を中退。それから8年ほど仕事も一切せず、実家にとじこもっている状態だったという。

「僕みたいな引きこもりやニートをサポートしてくれる支援団体のおかげでなんとか社会復帰できましたが、社員になると週5日フルタイムで働かなければならず、それは精神的にどうしてもキツいんです。甘えだと言う人もいるかもしれませんが、自分としてはアルバイトで週3~4日仕事するのが精一杯。収入が少ないのはそのせいですが、両親にはひとり暮らしの初期費用を出してもらったし、今までのことともあるからこれ以上迷惑をかけたくなくて……」

たまの外食も注文するのはライスのみ

 今は経済的な援助を一切受けていないというのは立派だが、気になるのは普段の食生活。食費こそ抑えているが、ちゃんと自炊をこなしているわけではないらしい。

「素ラーメンや納豆ご飯、リンゴ1個だけとかそんな感じです。もともと食に執着するタイプではなかったし、ひとり暮らしするまで料理の経験がまったくなく、自分が食費を抑えようとすると、どうしてもこんな風になっちゃって(苦笑)。それでもクックパッドなどのレシピサイトを見て、ちゃんとした料理を作ろうとした時期もあったんですけどね。食費が高くつくからすぐにやめてしまいました」

 バイト先には、自分で握ったおにぎり2個をお弁当代わりに持参。外食はほとんどしないという。

「寝坊しておにぎりを用意できなかった日は、バイト先の近くにある丸亀製麺に行きます。そこで140円の『天丼用ごはん』だけ頼み、無料の天かすとネギをトッピングしてネギ天かす丼にして食べています。ネットにその情報が出ていてマネしただけですが、ごはんしか注文しないから今でも頼むのは勇気が要ります(笑)。あと、普通の弁当も週2回は近所のスーパーで買っていますよ。といっても消費期限が迫って値引きされた238円(税抜き)のやつですけど」

1/2ページ

最終更新:2019/12/8(日) 8:55
週刊SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事