ここから本文です

最後の松坂世代・久保康友 西武復帰の松坂大輔に抱く思い

2019/12/9(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 かつて「松坂世代最後の大物」と呼ばれた元DeNA・久保康友(39)は、日本から1万キロ以上離れたメキシコの地でプレーを続けている。今季はメキシコリーグのレオン・ブラボーズに所属し、奪三振王のタイトルを獲得。地球の裏側でプレーを続ける久保が、古巣・西武に復帰して現役続行を決めた松坂大輔にエールを送る──。

【写真】メキシコで投げる久保康友

「今、野球は趣味みたいな感じ。世界中を旅したいから野球を続けている」

 そう笑いながら語る久保は、来季で40歳を迎える。90人以上がプロ入りした黄金世代も不惑を迎え、NPBで現役の選手は和田毅(ソフトバンク)、藤川球児(阪神)、渡辺直人、久保裕也(共に楽天)、そして12月3日に古巣・西武への復帰が発表された松坂の5人のみ。海外で現役を続ける久保は、松坂の決断を特別な思いで見たという。

「松坂は本当に野球が好きなんやね。ソフトバンク辞めて中日に入った時が一番驚いた。もしオレが右肩痛やケガで満足に投げられないようになったら、日常生活に支障をきたすと感じて野球を辞めているよ。

 もともとオレは何も持っていないから、野球で自分の能力を信じたことが一度もない。だから『できない人間』の気持ちがわかる。壁にぶつかるなんて小学生のころから日常茶飯事。でも、多くのプロ野球選手は違う。天才は一度挫折をしたら、どうしていいかわからなくなる。それで心が折れて消えた選手を何人も見てきた。それなのに天才のなかの天才が辛い思いをしても野球を続ける。凄いな」

 久保は小1から野球を始めた。友達が野球チームに入っていたので一緒に遊びたい。それだけの理由だった。とりたてて運動神経が良いわけではなく、小学校でリレーの選手に選ばれたこともなかった。中学では補欠で3番手投手だった。なぜ野球を続けたのか。

「野球をやっていたほうが内申点でいい高校に入れるから。一流企業に入るために、いい大学、いい高校に入る。野球はそのためのツールだった」

1/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 18:59
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事