ここから本文です

ゲイリー・オールドマンと18歳で結婚したユマ・サーマン。【話題をさらった元セレブカップル】

2019/12/9(月) 20:51配信

VOGUE JAPAN

人に歴史あり。もちろんセレブの恋愛にも。情報のスピードが加速する一方のいま、昨日のニュースも昔の出来事のように思えるが、ここであえて記憶を掘り起こしてみよう。今週は、時代を彩った元セレブカップルを振り返る。

元夫イーサン・ホークとの娘、マヤ・ホークが今年女優としてブレイクしたユマ・サーマン。実は彼女、イーサンとは再婚で、最初の結婚はなんと10代の時だった。お相手のゲイリー・オールドマンは、イギリスからハリウッドに進出したばかりで、1989年に『ステート・オブ・グレース』(90)で共演していたショーン・ペンがユマを彼に紹介したという。

当時、最初の妻レスリー・マンヴィルが長男を出産したばかりだったが、ゲイリーは妻子を置いてユマと同棲を開始させた。翌年に離婚が成立すると、すぐに再婚したが、11カ月後には破局してしまった。当時、ゲイリーはアルコールの問題を抱えていて、飲酒運転で逮捕されたのがきっかけだと言われた。

「一緒に暮らすのは無理」とゲイリーに手紙で告げたというユマは、彼との結婚についてのちに「あれはミステイク。でも仕方ない。出会った時、私は18歳で彼は12歳上だった」「私の初めての恋だった」と振り返っている。ゲイリーに健康的な生活をさせようとしたが、彼には全くその気がなかったという。

ユマはその後、『ガタカ』(97)で共演したイーサンと1998年に結婚、2児をもうけたが、2004年に離婚。一方のゲイリーは結婚・離婚を繰り返しながらも、依存症と向き合い、現在は断酒生活を送っている。2017年に作家でアートキュレーターのジゼル・シュミットと5度目の結婚をした。

離婚して以来、ユマとゲイリーは接触なしだが、対照的なのがレスリーとの関係だ。2018年、レスリーは『ファントム・スレッド』(17)でダニエル・デイ・ルイス演じる主人公の姉を演じてオスカー候補になり、彼女はレッドカーペットをゲイリーとの息子と一緒に歩いた。同年の主演男優賞受賞者はほかならぬゲイリー(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)。授賞式後のパーティーで元夫婦は対面、レスリーはゲイリーの受賞を祝福した。

最終更新:2019/12/9(月) 20:51
VOGUE JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事