ここから本文です

ゴミ箱は1つ。もたない暮らしをしたら家事が一気にラクに!

2019/12/9(月) 21:02配信

ESSE-online

なにげなく繰り返している家事のなかには、じつはムダがいっぱい。やらなくていい家事を見きわめてラクになったという、シンプルな暮らしぶりが人気のマキさんに毎日の工夫を見せていただきました。

バスマットとバスタオルをやめた!60平米6人ですっきり暮らす

家族と過ごす時間を優先したいから、「モヤモヤする」家事、全部やめました

シンプルな暮らしぶりが人気のマキさん。その出発点は、家事が嫌いで、なにをどう省けばラクになるかと考えたことだそう。

「洗濯物を畳みたくないから、ハンガー干しはそのまま収納する。油のあと片づけが面倒だから、揚げ物は買ってくる。それでも洗濯物は片づくし、揚げ物は食べられます。過程はどうあれ、目指すゴールにさえ行き着けばいい、と」

ほかにも、使いきれない調味料から乾きにくい厚手のタオルまで、家事にまつわる小さな「モヤモヤ」につぶさに目を向け、やめることでラクになってきました。

「ガマンしてイライラするより、やり方を変えたり人の力を借りて、手放す方がいい。家族のための家事のせいで、家族と過ごす時間がもてないなんて本末転倒ですから」

【一日のタイムスケジュール】

5:00 起床。メールチェック→身支度→朝食づくり

6:00 家族そろって朝食。食器を洗って片づけ

6:50 娘を送りがてら、ジムへ

7:00 ジム(週2~3回)

8:30 いったん帰宅し、部屋を整えて出勤の支度

10:00~16:00 仕事(在宅でテレワークの日も)

18:00 帰宅。洗濯物を取り込み、夕食づくり

19:00 家族そろって夕食。食器を洗って片づける

20:00 入浴し、洗濯機を回す→夫が干す

21:30 子どもと一緒に就寝

ものをたくさんもつのをやめたら管理が一気にラクに!

ものが多すぎると、手入れや管理が面倒になりがち。そのうえ、いざ使うときに迷ってしまうことも。必要なものを必要な数だけもつことが、スマートに家事をこなすための第一歩です。

●調理道具は多機能型を少数精鋭で

蒸し器と鍋も兼ねるフライパン、サラダスピナーにも使えるボウルとザル、しゃもじ兼用のヘラなど、何とおりにも使える道具を厳選して、洗い物はなるべく少なく。つい増えがちな菜箸は1つだけと、数を絞っています。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 21:02
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事