ここから本文です

大阪生まれ花月育ち「ミス東大」は笑いも取れる19歳

2019/12/9(月) 6:32配信

SmartFLASH

 11月24日の東京大学・駒場祭でおこなわれた「ミス&ミスター東大コンテスト2019」。ファイナリスト5名か ら、ミスのグランプリに輝いたのは、大学のなかでも最難関、理科三類1年の上田彩瑛さん。発表時に名前を呼ばれると、彼女は深々と一礼した。

 コンテスト終了後、本誌の取材に応じ、受賞の喜びを語った。

「最近までメイクの仕方も知らなかった私が、まさか選ばれるなんて……率直に嬉しいです。受験は個人戦でしたが、今回のコンテストは、常に応援してくださる皆さまと頑張ることができ、その過程も愛おしく感じました」

 ときおり飛び出す関西弁と、笑うとできる「えくぼ」がキュートな彼女は、この3月に高校を卒業したばかり。

「高3の1年間は、受験のためにSNSを断って、猛勉強しました。その反動か、何か新しいことに無性に挑戦したくなり、思い切ってミスコンに応募したんです」

 高校在学中は、ヒップホップダンスをしていた。3歳からクラシックバレエを習っていて、「とにかく踊ることが好き」だという。コンテストでは、TWICEの曲に合わせて、華麗な踊りを見せる。

 さらに、「理想の告白シチュエーション」再現コーナーでは、高校球児を応援する後輩の女子高生役を実演。好きなタイプは「坂口健太郎のような塩顔男子」だそう。

 コンテストのアピールタイムでは、高校時代のジャージに身を包み、「みんな落ち着いていきや~」と、ゆりやんレトリィバァのネタを披露。モノマネに加え、本人考案のネタも披露すると、会場は笑いに包まれた。じつは、かなりのお笑い通のようだ。

「実家が『なんばグランド花月』の近くで、幼いころから吉本新喜劇など、お笑いにふれて育ちました。とくに関西のローカル番組が好きで、ゆりやんさんは売れる前から応援していたんですよ」

 そんな彼女の夢は、医師になること。

「グランプリをいただき、少しは皆さまに恩返しできたかと思います。残りの恩返しは将来、社会貢献できる医師になり、果たしていこうと思います」

 次の目標も、きっとかなう。


(週刊FLASH 2019年12月17日号)

最終更新:2019/12/9(月) 6:32
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ