ここから本文です

「今すぐ会社を辞めたい!」そのときまずすべきことって!?

2019/12/9(月) 12:21配信

with online

「忙しいだけでやりがいを感じられない」「自分は頑張っているのに、認めてもらえない。スキルアップができない。残業が多い」――将来が不安だったり仕事や環境に不満があったりすると、モチベーションはどんどん下がっていく一方だし、ストレスばかりがたまってしまいますよね…。

働く女性のためのキャリアの学校「はぴきゃりアカデミー」(代表・金沢悦子)の協力で、新卒で入社した会社を「辞めたい」と思ったことがあるかをアンケートしたところ、「ある」と回答した人は160人中113人という結果になりました。

新卒入社した会社を「辞めたい」と思ったこと、ありますか?

「辞めたい」と思ったのは、3年目が最多。その後減少し、6年目以降は再び増加傾向に。この結果から、2~3年のサイクルで仕事を辞めたいと考えるようになる傾向がみられます。
金沢さんは著書『図解 自分をアップデートする 仕事のコツ大全』の中で、今の仕事をこのまま続けていいか悩んでいる人は、まず「現実」と「理想」を見える化をすることが大切だとおっしゃっています。
そこで、「現実」と「理想」を目で見えるようにする「五角形のワーク」のやり方を本書の中から紹介します。

今の仕事に対してモヤモヤとしている人は、ぜひやってみてくださいね!

今の仕事をこのまま続けていいのか悩んでいる人へ

就職してから3~4年くらいたつと、仕事や職場の環境に慣れてくるため「マンネリ」を感じてしまう一方で、頑張っているのに周囲からほめられる機会が減ってきます。また、仕事を任されてやりがいは感じますが、新人の頃にはなかった不安や不満が生じてくることも…。
しかし、「ほめてくれない」「仕事を任される」のは、周りがあなたを「一人前」と認めているとも考えられます。そんなときの「困った!」「できない!」は、さらにあなたをスキルアップさせる糧になります。

「今すぐ会社を辞めたい!」と思ってしまう理由はどこにあるのか…。仕事の内容か人間関係か、それとも収入なのか? そこをハッキリとさせれば、このままキャリアを重ねていくため、あるいは、環境や職種を変えて出直すために「やるべきこと」が見えてくるのです。

不安や不満がいっぱいの「現実」、そしてこうありたいと思う「理想」を知るためにおすすめなのが、「五角形のワーク」。2~3ヵ月を目安にして、「現実」と「理想」のギャップを埋めることに取り組んでみましょう!

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 12:21
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事