ここから本文です

アメリカの原風景が浮かび上がる、ジョナー・トルチンの新作。

2019/12/9(月) 15:00配信

フィガロジャポン

『ファイヤーズ・フォー・ザ・コールド』/ジョナー・トルチン

目を閉じて聴くと、古きよきアメリカの原風景が浮かび上がる。米国音楽の真髄といえるのが、ジョナー・トルチンだ。ブルースやフォーク、カントリーに影響を受けた歌の数々は、人柄が表れるような朴とつなもの。じっくり聴けば聴くほど味わい深い。ジャクソン・ブラウンやリッキー・リー・ジョーンズといった大御所がひっそりと参加しているのもうれしい。

資生堂のビジュアルイメージ変遷と、現代作家の展覧会。

*「フィガロジャポン」2019年12月号より抜粋

realisation : HITOSHI KURIMOTO

最終更新:2019/12/9(月) 15:00
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事