ここから本文です

音質が向上した「Google Nest Mini」は、初めてのスマートホーム体験に最適なスピーカーだ

2019/12/9(月) 12:33配信

WIRED.jp

その名を聞いて、グーグルの子会社だったNestのサーモスタットを思い浮かべる人もいるかもしれない。グーグルは2019年、(ほぼ)すべての家庭用プロダクトに「Nest」の名を冠し始めた。こうしてスマートスピーカー「Google Home Mini」は「Google Nest Mini」に生まれ変わったのである。

【全画像】音質が向上した「Google Nest Mini」

Nest MiniはHome Miniとほぼ同じアイスホッケーのパックほどのサイズだが、音質の面では明らかにステップアップしている。低中音域がはるかにクリアになり、サウンドの振動の一つひとつが、Home Miniでは望めなかった高いレヴェルでくっきりと感じられるのだ。ポッドキャストはまだ音が濁ってかすれたように聞こえることがあるが、音楽の再生については格段にきれいな音質へと進化した。

もっともHome Miniのサウンドは、これ以上は下がりようのないクオリティだった。Nest Miniのスピーカーから流れる音に、部屋中を満たすほどのスケール感はない。だが、聴きたいときに何曲か再生するには十分だし、Home Miniと比べれば申し分のない音質だ。49ドル(約5,300円)というエントリーレヴェルの価格からして、グーグル製品を軸としたスマートホームが自分に向いているかを確かめたり、低予算でほかの部屋を新たにスマートホーム化したりするには最適な商品だろう。

壁掛けスタイルがお勧めの理由

一見するとNest Miniは、Home Miniにとてもよく似ている。スピーカーのカヴァーがペットボトルの再生繊維でできたファブリックに変わったが、見た目も質感もそっくりだ。電源ポートは従来はマイクロUSB端子だったが、丸型のDC電源プラグ仕様になった。大きな変更ではないが、これでHome Miniのアクセサリーのうち、マイクロUSB仕様のものがNest Miniでは使えなくなってしまった。

大きな変更点として壁掛け用マウントが付属されたが、こうした取付け具は必要ないだろう。裏に最初から壁掛け用の小さな穴が開いているからだ。Nest Miniは壁に掛けて使うことを強くお勧めしたい。壁の反響を利用することでサイズ面での悪条件がいくらか緩和されるので、まずまずの音質で音楽を楽しむことができる。それにユーザーの呼びかけに応じる音声も明瞭に聞こえるようになる。

Nest Miniの発表にあたってグーグルが盛んに宣伝したのは、環境に応じたサウンド調整機能が、オーディオメーカーであるSonosの「Move」などの他社の高額なスマートスピーカー並みに優れていることだった。グーグルの主張が正しいとしても、音質の違いは微妙すぎてよくわからない。だが繰り返すが、壁に掛けることで音質がよくなることは間違いない。

カヴァーの下にあって、スピーカーに伸ばした手の動きを検知するセンサーも新しくなった。手が近づいたことを感じとると、サイドの音量調節ボタンが点灯するのだ。きちんと動作すれば素晴らしい機能なのだが、グーグルの最新スマートフォン「Pixel 4」のジェスチャー機能と同様に、あまり頼りにならない。

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 12:33
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事