ここから本文です

『エクストリーム世界史』の元ネタも!超読書家・ユーチューバー中田敦彦が推薦する、いま読んでほしい5冊とは?

2019/12/9(月) 18:04配信

Pen Online

今年、オリエンタルラジオの中田敦彦がYouTubeに参戦したことは事件であった。4月に始まった『中田敦彦のYouTube大学』は、拡大するコンテンツ市場で「教養+お笑い」という鉱脈を掘り当て、瞬く間に再生回数を伸ばす。わずか4カ月半でチャンネル登録者数100万人を突破した。緻密な構成と澱みない語り口、笑いを挟んで展開する中田の「エクストリーム授業」はまさに珠玉のトークライブだ。
その名講義の中で中田が太鼓判を押した、ジャンルレスな5冊をここでは取り上げる。歴史的世界文学から人生論をまとめた名著、そして現在も書店で売れ筋となっているあの話題本まで、天才・中田敦彦流の解説と名講義の映像を合わせてプレイバック!

そのほか4冊のオススメ本と名講義の映像を見る。

●公立高校教師ユーチューバーの画期的ベストセラー(上写真)
「僕の『エクストリーム世界史』の元ネタです。歴史って、年号を覚えるのが退屈ですよね? 世界史をそれで苦手になってしまう人がじつに多い。この本には年号が一切なし! ストーリーにフォーカスしているからわかりやすくて面白いんです」。ストーリーを楽しむことで、名前を覚えるだけだった歴史上の人物が生き生きとしたイメージをもち、国や時代の特徴が浮かび上がって「なぜそうなったか」という関係性がすんなりと理解できる。「大人もこれを読めば世界史にハマります!」

中田敦彦

大学在学中に藤森慎吾とオリエンタルラジオを結成。2004年にリズムネタ「武勇伝」でM-1グランプリ準決勝に進出してブレイク。14年にRADIO FISHとして音楽活動も開始。ユーチューブ動画配信やアパレルブランド経営などマルチな才能を発揮。

写真:宇田川 淳 文:岩崎香央理

最終更新:2019/12/9(月) 18:04
Pen Online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事