ここから本文です

『スキャンダル』特報映像&場面写真公開 シャーリーズ・セロンがメーガン・ケリーそっくりに扮装

2019/12/9(月) 12:11配信

リアルサウンド

 2020年2月21日に公開となる『スキャンダル』より、特報映像と場面写真が公開された。

驚異の再現度な場面写真たち

 本作は、2016年にアメリカニュース放送局で視聴率No.1を誇る「FOXニュース」で実際に起きたスキャンダルを描いた社会派ドラマ。クビを言い渡されたベテランキャスターのグレッチェン・カールソンが、TV業界の帝王と崇められる同社CEOのロジャー・エイルズを告発。局内は騒然とする。看板番組を背負う売れっ子キャスターのメーガン・ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り、心中穏やかではなくなっていた。一方、メインキャスターの座を狙う貪欲な若手のケイラ・ポスピシルは、ロジャーに直談判するための機会を得る。

 この事件を葬ってはならないと決意した『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のアカデミー賞受賞脚本家・チャールズ・ランドルフがシナリオを書き上げ、映画化が実現。『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチが監督を務めた。

 メーガン・ケリーを演じるのは、『モンスター』『アトミック・ブロンド』のシャーリーズ・セロン。本作ではプロデューサーも兼任している。グレッチェン・カールソンには『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のニコール・キッドマン、ケイラ・ポスピシルには『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のマーゴット・ロビーが扮している。

 公開された特報映像では、FOXニュース局内で平然とセクハラ発言を女性社員に浴びせるCEOロジャー・エイルズの姿が。そんな彼に戦々恐々と沈黙を守ってきた女性社員たちだったが、人気ベテランキャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)一人の告発をきっかけに、事態が変わり始める。彼女たちの反撃はどのような結末を迎えるのか。映像には、第62回グラミー賞で史上最年少で主要4部門を含む6部門にノミネートされたビリー・アイリッシュの楽曲「bad guy」が使用されている。

 場面写真では、実際の人物メーガン・ケリーを演じたセロンの姿が。その再現度を実現させたのは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞した辻一弘(Kazu Hiro)。同じく実際の人物でFOXニュースのベテランキャスターだったグレッチェンを演じるキッドマン、新人キャスターのケイラを演じるロビー、TV業界の帝王と崇められ、FOXニュースのCEOとして権力を振るうロジャー・エイルズを演じるジョン・リスゴーの姿も捉えられている。

リアルサウンド編集部

最終更新:2019/12/9(月) 12:11
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事