ここから本文です

木村拓哉「マイクの前にもう一度立つとは思わなかった」 『TVガイドPERSON』vol.88で表紙&巻頭グラビアに

2019/12/9(月) 18:26配信

リアルサウンド

 話題の人に迫るフォトマガジン『TVガイドPERSON』、木村拓哉が表紙を飾った最新号(vol.88)が12月9日(月)に発売された。

 「Welcome to 2020 時代を駆けろ」と題し、表紙と巻頭グラビアを飾った木村。デビュー以来、常に時代の象徴として走り続け、2020年も年明け早々から主演ドラマが公開され、ソロアルバムリリースが発売される。

 そんな木村を撮影したのは、写真家レスリー・キー。20年来の友人でもある二人の関係性の中から切り取られた一瞬は、本書でしか見られないものとなっているとのこと。

 また、木村がこれまでにない役柄を演じることでも話題の、スペシャルドラマ『教場』(フジテレビ系)について、そして初のソロアルバム『Go with the Flow』について、撮影やレコーディングの“現場”で得られたこと、そこで感じた思いを語ったロングインタビューも掲載されている。

 アルバムの制作について「自分がマイクの前にもう一度立つとは思わなかった」と明かし、「心が折れそうになったり、腐りそうにもなったりするんだけど、自分がオンステージにいることをイメージすると踏ん張れた」と告白。苦悩しながらも、新しく変貌を遂げていく木村の今に迫った。

 そのほか、『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』で久々の連ドラ出演となる長野博、スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄』で再び金田一耕助を演じる加藤シゲアキ、『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たすKis-My-Ft2から千賀健永&二階堂高嗣、年末恒例の『堂本兄弟2019 ハッピークリスマスSP』からKinKi Kidsなど、2019年の締めくくり、話題の人・グループなどが多数登場する。

最終更新:2019/12/9(月) 18:26
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事