ここから本文です

【識者が選ぶ2019ベスト11】福森、田中碧、仲川、朴…今季らしい11人をセレクト! MVPはゲームメイクも秀逸だった得点王に

2019/12/9(月) 9:15配信

SOCCER DIGEST Web

中盤で崩しの起点となっていたサイドバックは、プレーメーカー的視点も加えて選出

 2019年らしい11人という観点で選んでみた。

 つなげて蹴れるGKが増えた今季の象徴として挙げたいのが朴一圭(横浜)。高木駿(大分)も正確なロングキックでカウンターの起点となっていたが、シュートとロングの中間距離のパスを使えるという点で、ここは朴を選出した。

【2019JリーグアウォーズPHOTO】名誉女子マネージャーに、ホスト界の帝王も出席!


 CBは広いスペースをカバーして優勝に不可欠な存在だったチアゴ・マルチンス(横浜)は外せない。左側はルヴァン杯決勝で印象的なフリーキックを決めた左足のスペシャリスト福森晃斗(札幌)。ビルドアップでの形状変化が浸透した今季は、サイドバックが中盤で崩しの起点となっていた。従来型のDF+ウイングというより、DF+プレーメーカーという視点で右に西大伍(神戸)、左に柏好文(広島)を選出したい。同種のSBとしては松原健、ティーラトン(いずれも横浜)も印象的だった。また、従来型のSBとしては、左では強力なクロスボールの永戸勝也(仙台)、右は室屋成(FC東京)が運動量、スピード、フィード力を活かして活躍していた。

 ボランチは鹿島の支柱となっていた三竿健斗、台頭した若手代表として田中碧(川崎)。技術面では大島僚太(川崎)がハイレベルで、攻守のバランスで橋本拳人(FC東京)も優れていた。ボランチ1枚なら、セルジ・サンペール(神戸)が洗練されたプレーを見せていた。ほかにもジョアン・シミッチ、米本拓司(名古屋)、杉本太郎、藤田息吹(いずれも松本)、原川力(鳥栖)など、献身的なプレーで印象に残る選手は多かった。

15得点・4アシストの結果に加えてゲームメイクでも存在感を見せたブラジル人助っ人

 2列目はともに得点王を活躍するなど抜群の働きだった仲川輝人、マルコス・ジュニオール(いずれも横浜)は外せない。とりわけ、後者のブラジル人アタッカーは15得点・4アシストの結果に加えてゲームメイクでも存在感を見せており今季のMVPとしたい。左は「ファスト・ブレイク」の旗手として永井謙佑(FC東京)。CFは神がかったプレーを見せていたドウグラス(清水)とした。ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)も素晴らしかった。


 その他、惜しくも選外となった選手について。4-3-3ならば、随所に圧巻のプレーを披露していたアンドレス・イニエスタ(神戸)を選びたかった。永井との比較で外したが、古橋亨梧(神戸)もスピードスターとして活躍していた。CFはエリキ(横浜)が開幕からあのプレーをしていればベストイレブンどころかMVP候補だろう。決定力が凄かった。同じく途中加入なので選出しなかったが、左SBとして酒井高徳(神戸)、左CBとしてトーマス・フェルマーレン(神戸)は傑出したプレーを見せていた。逆に途中で移籍してしまった久保建英(FC東京)、三好康児、天野純(横浜)が通年でプレーしていれば候補になっていたはずだ。

文●西部謙司(スポーツライター)

最終更新:2019/12/9(月) 12:21
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事