ここから本文です

「信じられない!」「衰え知らずだ」38歳ホアキンの20分間ハットトリックにファン驚愕! 欧州5大リーグの最年長記録を更新

2019/12/9(月) 19:45配信

SOCCER DIGEST Web

リーガ最年長記録を55年ぶりに更新

 週末に行なわれたラ・リーガ第16節で、最も輝いていたのはこの男かもしれない。ベティスの主将ホアキン・サンチェスだ。

【動画】まさに電光石火!38歳ホアキンの「20分間ハットトリック」はこちら

 アスレティック・ビルバオ戦に先発した38歳のアタッカーは開始2分、右サイドからのクロスをワントラップして豪快なボレーで先制点を奪うと、11分に今度は左サイドからパスを受け、狙い澄ましたシュートで追加点を挙げる。

 極めつけはその9分後だ。カウンターからロレン・モロンのスルーパスを受けると、ダイレクトシュートで巧みにネットを揺らし、ハットトリックを達成。スペイン紙『AS』によると、38歳140日でのハットトリックは、レアル・マドリーのレジェンドであるアルフレッド・ディ・ステファノが37歳で達成したリーガ最年長記録を55年ぶりに更新するニューレコードだという。
 
 ちなみに英公共放送『BBC』によると、これはクラウディオ・ピサーロの37歳151日を上回る欧州5大リーグの新記録でもある。

 キックオフからわずか20分で偉業を成し遂げ、3-2での勝利に貢献した大ベテランは試合後、次のようにコメントした。

「キャリアで初めてのハットトリックで、もう一度できるとは思わない。僕は素晴らしいゴールゲッターというわけじゃないし、3点も決めたことはなかった。このような相手から達成できたことを誇りに思うし、とくにこの年齢では、簡単なことではなかった」

 生けるレジェンドの活躍にファンも熱狂! ベティスやラ・リーガの公式ツイッターには以下のようなコメントが寄せられている。

「信じられない!」
「衰えを知らない」
「年齢なんて関係ない」
「ベンジャミン・バトンのようだ」

 老いてなお盛んな17番は、まだまだベティコを興奮させてくれることだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:2019/12/9(月) 20:33
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事