ここから本文です

ナバレッテ、井上尚弥戦実現でも… 米メディアが「イノウエ圧勝」を予想したワケ

2019/12/9(月) 18:03配信

THE ANSWER

V4を達成したナバレッテの今後を米メディアが展望

 ボクシングのWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチが7日(日本時間8日)、メキシコ・プエブラで行われ、王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)がフランシスコ・オルタ(メキシコ)に4回2分9秒TKO勝ちを収めた。海外メディアでWBAスーパー&IBFバンタム級王者・井上尚弥(大橋)との最強王者対決に期待が高まる中、米メディアは「イノウエの圧勝を予想せざるを得ない」と分析している。

【動画】この猛ラッシュが井上に襲いかかるか? 最後は挑戦者も手が出ず、そして…王者ナバレッテが鮮烈V4を達成した実際のシーン

「エマヌエル・ナバレッテがフランシスコ・オルタを破壊した」と特集したのは、米専門メディア「ボクシングニュース24」だった。2回に一気にギアを上げ、4回にオルタを猛ラッシュで倒したナバレッテ。昨年12月のタイトルマッチでアイザック・ドグボエ(ガーナ)を倒してベルトを勝ち取って以来、52週間で5戦5勝を挙げたメキシコの新鋭の来季の動向に注目が集まっている。

 記事では「ナバレッテは2020年に野望を抱いている。122ポンド(スーパーバンタム級)で統一戦を狙っている。そして、バンタム級王者ナオヤ・イノウエが122ポンドに上がってきた場合、戦うことに興味を示している」と報じている。

 ナバレッテ自身も過去に米メディアに対し、「モンスター・イノウエは誰もが対戦を切望するファイターだと思う。オレもそのリストに入っている。彼のようなファイターと対戦できることは喜びだ。122ポンドで彼を歓迎したい」と語り、対戦を熱望していた経緯がある。

 スーパーバンタム級で最強の呼び声高いナバレッテと米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)3位の井上のドリームマッチが実現したら、勝敗はどうなるのだろうか。

井上の圧勝を予想、「あまりに大きい」と指摘した両者の差は…

 記事では「今晩のナバレッテを見た限りでは、イノウエを倒そうとするのは困難だろう」と分析した。では、2人の差はどこになるのか。両者の違いは明確だという。

「2人のハンドスピード、技術的なボクシングのスキル、正確性はあまりに大きい」とし、スピード、スキル、正確性という井上の万能性が際立っているというのだ。

「もし、ナバレッテがイノウエのパワーに対処できたとしたら、日本のスターにパワー、サイズ、リーチで苦戦を強いることができるだろう。実現すれば、興味深い試合になるが、イノウエの圧勝を予想せざるを得ない」

 サイズに優れるナバレッテだが、全勝中の3階級王者であるモンスターの圧勝と分析。改めて井上の世界的な評価が垣間見える指摘となっていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2019/12/9(月) 18:52
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事