ここから本文です

眞栄田郷敦、兄・新田真剣佑から「マンスリープレゼンターやるの?」と連絡<めざましプレゼンター連載>

2019/12/9(月) 8:00配信

ザテレビジョン

俳優の眞栄田郷敦が、12月3日より「めざましテレビ」(毎週月~金曜朝5:25-8:00、フジテレビ系)に“マンスリーエンタメプレゼンター”として出演中。

【写真を見る】眞栄田郷敦とめざましファミリーが笑顔で記念撮影!

2018年6月からスタートしたマンスリーエンタメプレゼンターは、エンタメ担当の軽部真一アナウンサーと共に、6時台のエンタメコーナーなどの生原稿読みを行い、7時台はMCの一人として番組終了まで登場する。

眞栄田は、映画「小さな恋のうた」(2019年)で俳優デビューし、現在公開中の映画「午前0時、キスしに来てよ」では、ヒロインの幼なじみで主人公の恋敵を演じている。

初回放送を終えた眞栄田に、初挑戦となるプレゼンターの感想や、今後の意気込みについて聞いた。

――初回放送を終えた感想を教えてください。

すごく緊張したので、今は安心感でいっぱいです。

――番組への出演が決まった際の周りの反響はいかがでしたか?

「朝起きられるの?」とばかり言われました(笑)。

――初回で印象的だったコーナーやトピックスを教えてください。

やっぱり兄(新田真剣佑)の話題ですかね。今まで、テレビなどではあまり兄のことについて触れてこなかったですし、「30分だけ入れ替われるとしたら誰になりたい?」という質問が面白かったですね。

――スタジオの皆さんの印象を教えてください。

ラグビーの“ONE TEAM”のような空気感で、皆さん本当に信頼し合っているなというのを感じました。あと3回の出演で、自分もそのチームの中に入っていけたらなと思います。

――プレゼンターの就任についてご家族に相談されたりしましたか?

相談はしてないですね。でも、兄から「マンスリープレゼンターやるの?すごいじゃん」と連絡が来ました。結構僕の活動をチェックしてくれているみたいで、応援してくれています。

――眞栄田さんもお兄さんの作品を見て連絡しますか?

僕も作品を見て、たまに感想を送ることはありますけど、それより作品を見て盗んで言葉よりも芝居に生かしてアピールしたいなと思います。

■ 今は俳優として上を目指したい

――2019年にデビューされていろいろなことを経験されたと思いますが、2019年を振り返って、今のお気持ちを教えてください。

初めての経験をいろいろした1年だったので、“慣れる1年”でした。

向かうものが(俳優に)変わっただけで、自分の精神的なものはこれまでと変わっていないので、頑張るということに変わりはないかなと思います。

今は俳優として上を目指したいという気持ちです。

――エンタメプレゼンターとしてエンタメニュースを伝える役割になりますが、眞栄田さんご自身のエンタメニュースがあれば教えてください。

最近はラグビーにはまっていて、気になっていました。

直近では、映画などを見ています。今まであまりニュースを見ていなかったんですけど、最近は興味のないこともインプットしていかなきゃ、という気持ちが出てきて、幅広くインプットできればと思っています。

――今回のプレゼンターの経験を今後の活動にどのようにつなげていきたいですか?

いろいろな場面でコメントとか、食リポとか、今後求められてくると思うので、そこをしっかり磨いていって生かしていけたらなと思います。アドリブ力を伸ばしていきたいですね。

――視聴者の皆さんへメッセージをお願いいたします。

おそらく次回以降も緊張すると思うので、温かく見守っていただければうれしいです。少しずつ出演者の皆さんともなじんでいけたらと思いますし、ラストの4回目には様になった姿をお見せできればと思うので、1カ月間お願いいたします。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/9(月) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事