ここから本文です

<新木優子>“吉田茂の娘”麻生和子に!「大変な時代にたくましく生きた女性は、挑戦してみたかった役」

2019/12/9(月) 7:00配信

ザテレビジョン

笑福亭鶴瓶が主演を務める「テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』」(テレビ東京系)が、2020年2月に放送。このたび鶴瓶演じる吉田茂の娘・麻生和子役に新木優子が決定し、ドラマの見どころなどを語った。

【写真を見る】吉田茂(笑福亭鶴瓶)を事実上の“ファーストレディ”として支える麻生和子(新木優子)の場面カット

■ 吉田茂を事実上の“ファーストレディ”として支えた女性

本作は「日本は絶対立ち直る」という思いを胸に、吉田茂(鶴瓶)が日本の独立を目指した戦後政治の軌跡と、その生きざまを描いた物語。

新木演じる麻生和子は、妻を早くに亡くした父・吉田を、その勝気で社交的な性格から事実上の“ファーストレディ”として支えた女性だ。

現在、副総理を務める麻生太郎の母親で、本ドラマの原案となった「父 吉田茂」の著者でもある。

戦前から戦後まで吉田を最も近い場所から、最も長く寄り添った娘が感じたこと、日本がいかにして敗戦から立ち直り、独立国家として世界的に確固たる地位を築いたのか、そしてトップに立つ吉田をどのように支え、どう見詰めていたのか。吉田を厳しくも温かく見守る、愛にあふれた娘・和子を新木が熱演する。

なお、吉田親子を支え続けた元芸者・こりん、高度成長を牽引した「吉田学校」の池田勇人、佐藤栄作、田中角栄といった超大物政治家たち演じるキャスト陣も、今後発表される予定になっている。

■ 麻生和子役:新木優子コメント

――出演が決まった時の気持ち、作品の印象を。

大変な時代にたくましく生きた女性は、いつか挑戦してみたかった役なので、すごくうれしかったです! この作品では、男性のたくましさや覚悟が描かれている印象です。

――実在した人物を演じるに当たり、役作りや心掛けたこと。

麻生和子さんは、作品の中に出てくる男性に負けないくらい強くたくましかったので、演じている自分自身もそうなれたような気がします。

――新木さんが考える麻生和子の人物像とは?

父である吉田茂にも負けない、強さと信念を持つたくましい女性です。

――豪華キャストとの共演が実現しましたね。

いつかご一緒したいと思っていた方々と、共演させていただけると聞いて夢のようでした。

特に、父役の笑福亭鶴瓶さんとはバラエティーで一度共演させていただいたことがあるのですが、今回はお芝居でご一緒できてうれしかったです。

――撮影中、特に印象的なエピソードは? また、鶴瓶さんが演じる吉田茂の印象は?

鶴瓶さん演じる吉田茂は、優しさの中に厳しさや強さを感じる印象がありました。鶴瓶さんはすごく優しくおちゃめな方なので、現場の雰囲気をいつも盛り上げてくださっていました。

――最後に、メッセージをお願いします。

吉田茂の生き方を通して、どう強くあるべきなのか、いざという時の決断力がいかに大切かを、感じていただけるドラマだと思います。ぜひ、たくさんの方々に見ていただきたいです。

■ ドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~」あらすじ

1936年、第二次世界大戦前の吉田(笑福亭鶴瓶)は駐英大使としてロンドンにいた。貿易商の白洲次郎(生田斗真)とは「ジイさん」と呼ばれるほどの間柄だ。

やがて、吉田が反対するドイツとの防共協定を締結したのを機に、吉田は駐英大使を辞すことに…。

太平洋戦争が始まり、吉田は大磯で、戦争を早く終わらせるべく上奏文の準備を進めていたが、情報が漏れたのか終戦工作に関わった罪で拘留されてしまう。

だが、この年に終戦を迎えた日本はGHQに占拠され、外務大臣を更迭させるなど政治にも口を出すようになる。

新たな大臣に任命された吉田は、言いなりにはならないと、臆せずマッカーサーに意見していく。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/9(月) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事