ここから本文です

BTSの完璧なステージから感動のスピーチまで!「2019 MAMA」授賞式を完全リポート【3部】

2019/12/9(月) 21:25配信

ザテレビジョン

12月4日午後、愛知・ナゴヤドームにて「2019 Mnet Asian Music Awards (MAMA)」の授賞式が行われた。豪華アーティストが集結した授賞式の様子を完全リポート!

【写真を見る】会場が一体となったBTS(防弾少年団)のステージ

■ キラキラ輝くTWICEのステージ!

3部の最初のステージはTWICEでスタート。キラキラと輝くゴールドの衣装で登場し、「Feel Special (R&B Remix Ver.) + Dance Break」と「FANCY」のパフォーマンスを披露。ホットなステージで観客を楽しませた。

■ チョンハ、Heize、SEVENTEENの受賞スピーチ!

続いてプレゼンターのイ・スヒョクとグーリー・ナーザーが登場し、ソロベストダンスパフォーマンスの受賞者を発表。チョンハは名前を呼ばれると驚いた様子を見せながら登壇し、「いつも舞台を輝かせてくださっているダンサーの皆さん、いつもきれいにしてくださるヘアメーク、スタイリストのみんな、ありがとうございます。本当に貴重な賞をいただきありがとうございます。これからもっと素晴らしいパフォーマンスでお応えするチョンハになります」と感謝を伝えた。

さらにベスト・ヒップホップ・アンド・アーバンミュー ジックはHeizeが受賞。Heizeは隣に座るチョンハとハグをして喜びを分かち合い、「2019年も素晴らしい賞をいただくことができて、またたくさん愛してくださったファンの皆さんに感謝を伝えたいと思います。1つの結果物が世に出るまでに、すごく悩んで努力して準備しているアーティストのみんなの頑張りが無駄にならないように、よりいい音楽環境が作られて、皆さんがよりいい音楽を聴ける、そんな年になればいいと思います。2019年本当にありがとうございました。お疲れ様でした」と喜びを口にした。

続いてプレゼンターのパク・タミが登場し、Breakthrough AchievementをSEVENTEENが受賞したことが発表された。受賞を受けてメンバーは英語や中国語でスピーチし、ホシは「最後に見てくれているエスクプス、愛してる!」と話し、活動を一時休止しているメンバー・エスクプスに呼び掛けた。

■ BTS(防弾少年団)のステージで会場は一体に!

続いて最後のパフォーマンスアーティストとしてBTS(防弾少年団)が登場すると、会場の熱気は最高潮に。

制服姿で「N.O」と「We Are Bulletproof Pt.2 」をパフォーマンスし、JIMINがアクロバティックなダンスを披露すると会場からは悲鳴が響き渡った。その後、衣装を変えたメンバーが再びステージに登場し、「Boy With Luv 」と「Mikrokosmos」を披露。

汗だくになりながらも笑顔を見せるメンバーたちに、会場は一体となり「BTS!BTS!」という掛け声で声援を送った。最後は黒の衣装に着替えたメンバーが登場し、「Dionysus」を披露。

迫力のある群舞とテーブルや椅子を使ったダンスで観客を魅了し、瞬きを忘れるほどの完璧なパフォーマンスで会場を盛り上げた。

■ 毎年話題になる、BTS(防弾少年団)感動のスピーチは?

熱いステージの余韻が冷めやらぬまま、いよいよ今年の歌賞の発表へ。プレゼンターのチャ・スンウォンが登場し、「僕は今回MAMAは3回目なんですけど、このアーティストに賞を送りたいなとずっと思っていました」と話しながらBTS(防弾少年団)の名前を呼ぶと、メンバーたちはまだ汗だくで息が整わないまま、笑顔でステージに登壇した。

受賞を受けてJINは「ARMY~!」と叫び、受賞の喜びを分かち合いながら、「ARMY(ファン)の皆さんのおかげでこの賞をまたいただくことができました。心から感謝を伝えたいと思います。次のアルバムではいい音楽をたくさん皆さんにお届けしたいと思っています。こちらにいらっしゃる多くのアーティストの方々は本当にいい音楽を一生懸命作っています。その歌の数々が認められて、たくさんの人に聴いていただける、そんな世の中になればいいと思います。いい音楽を作り、いい音楽を聴く、そんな時代になればいいなと思います」とコメント。

そして、最後のプレゼンター、シン・スンフンが登場し、最後の賞、2019年の歌手賞の発表へ。

静まり返った会場にBTS(防弾少年団)の名前が響き渡ると、メンバーたちは肩を抱き合いながら登壇し、トロフィーを掲げた。

SUGAは「2019年本当に一生懸命頑張りました。2018年のMAMAのときメンバーがみんな大泣きしましたよね。2019年ベストを尽くそうと頑張ってきました。あの頃は本当に辛くてすべてが崩れ落ちるような思いがするんですけど、時間が経てばまた笑って思い出される、そんな瞬間だったんです。時間とともにもっと強くなりました。ありがとうございます」とコメント。

RMは「それからここにいらっしゃるアーティストの皆さま、後ろで頑張ってくださっているスタッフの皆さま、1年間本当にお疲れ様でした。僕たちにできることはそんなに多くありません。一生懸命音楽を作り、練習室で一生懸命練習して、一生懸命踊ること、それだけだと思います。皆さんの力になれるよう、僕たちがこの場で輝くように頑張ります。 皆さんのお陰で力を得ていて、僕たちも熱心に生きなければならないと改めて誓います。 2020年もよろしくお願いいたします。 ありがとうございます」と話し、感動的な大賞受賞スピーチで会場を沸かせた。

最後にパク・ボゴムが登場し、「輝く舞台を送ってくださったアーティストの皆さん、そしてアーティストの方々よりももっと大きな情熱とエネルギーを見せてくれた、ここにいらっしゃる多くのファンたち。皆さんとこの特別な思い出を一緒にできて、私も本当にうれしかったし、楽しかったです。2019 MAMA、今夜のお祭りは終わりましたが、MAMAの歴史は続きます。MAMAは音楽と、音楽を愛する皆さんと継続してともにするものだからです。MAMAの新しい10年に皆さんたくさん期待してください」という感動のコメントでイベントは幕を閉じた。

■ 「2019 MAMA」 受賞者一覧

【今年の歌手賞】 BTS

【今年の歌賞】 BTS

【今年のアルバム賞】 BTS

【Worldwide Icon of the Year】BTS

【Worldwide Fans‘ Choice賞】 BTS、GOT7、SEVENTEEN、TOMORROW X TOGETHER

 TWICE、ATEEZ、MONSTA X、BLACKPINK、EXO、X1

【男性新人賞】 TOMORROW X TOGETHER

【女性新人賞】 ITZY

【男性グループ賞】 BTS

【女性グループ賞】 TWICE

【男性歌手賞】 BAEKHYUN

【女性歌手賞】 CHUNG HA

【ソロベストダンスパフォーマンス賞】 チョンハ 「Gotta Go」

【男性グループベストダンスパフォーマンス賞】 BTS 「Boy With Luv(Feat.Halsey)」

【女性グループベストダンスパフォーマンス賞】 TWICE 「FANCY」

【ソロベストボーカルパフォーマンス賞】 テヨン 「Four Seasons」

【グループベストボーカルパフォーマンス賞】 赤頬思春期

【ベストバンドパフォーマンス賞】 JANNABI

【ベスト・ヒップホップ・アンド・アーバン・ミュージック賞】 Heize

【ベストコラボレーション賞】 イ・ソラ 「Song Request (feat.SUGA of BTS)」

【ベストOST賞】 GUMMY 「Remember Me (ドラマ『ホテルデルーナ(原題)』OST)」

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/9(月) 21:25
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事