ここから本文です

グランメゾン東京、アレルギー事件の真相に気づいたリンダの「この業界から消えてもらう」発言に「どうなるの?」

2019/12/9(月) 18:35配信

ザテレビジョン

WEBサイト ザテレビジョンでは、12月8日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】ストックホルム大会を連想させるシーンが感動を呼んだ「いだてん」が第1位!

■ 1位「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)24967pt

12月8日に第46回「炎のランナー」が放送された。いよいよ1964年となり、聖火リレーの準備は大詰めに。岩田(松坂桃李)は最終走者として、原爆投下の日に広島で生まれた青年・坂井義則(井之脇海)を提案するが、アメリカの対日感情を刺激することを恐れた政府に忖度する組織委員会から反対にあう。

平和の祭典としてのオリンピックを理想とする田畑(阿部サダヲ)は、解任後初めて組織委員会に乗り込む。「アメリカにおもねって原爆への憎しみを口にしえないものは世界平和に背を向ける卑怯者だ!」と田畑は一喝した。

開会式を前に、聖火リレーに伴うエピソードが描かれるなか、オリンピックに参加するためやってきたコンゴの選手にも大きな反響があった。最後にエントリーしながら、最初に選手村にやってきたコンゴの選手は2人だけ。かつて、ストックホルム大会で日本最初のオリンピック選手として四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)だけが参加した。その様子が重ね合わされ、視聴者からは「1年かけて見る大河ドラマの醍醐味を味合わせてもらった」といった感想が寄せられた。

次回、15日(日)の放送が最終回となり、「寂しい」という声も早々に上がっている。

■ 2位「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)17357pt

12月8日に第8話を放送。京野(沢村一樹)が倫子(鈴木京香)に告白した翌日、尾花(木村拓哉)が音信不通になってしまう。周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場克己)だった。

入院していた潮を迎えに行った尾花は、料理を食べてもらおうとしたが、潮はほとんど手を付けず、一番の問題は京野にあるとし、さらに「星なんかにこだわるから大事なもんが見えなくなるんだよと」言い残して、途中で怒って帰ってしまう。尾花は「あのおやじは口は悪いけど、料理に関してはいい加減なことは絶対に言わない」と考えこんだ。

その後、潮が再び入院し、潮の店をランチタイムだけ手伝うことになった尾花は、京野に助けを求めた。そこで京野は、潮が常連客の好みなどに合わせて料理を出していたことを知り、自分の接客で失っていたものに気付く。

京野は退院する潮をもう一度店に招きたいと提案。京野は潮とサービスで向き合い、潮が病で味覚障害になっていることを見抜いていた尾花は料理を工夫した。一度目とは打って変わって満足げな潮の様子に、倫子たちほかのスタッフも思いを新たにする。

倫子は、リンダ(冨永愛)のインタビューでミシュランの星獲得のために特別なことをせず、「グランメゾン東京は、ただひたすらお客様のおいしいを求め続けることで、新たな三つ星フレンチになります」と宣言した。

レストランで料理を提供することの“原点回帰”を描き、感動を呼んだ。だが、ラストは過去のアレルギー事件で「顔に泥を塗られた」というリンダが事件の詳細に気づき、「この業界から消えてもらう」と決意する様子に、「不穏な空気…」「どうなるの?」といった感想が上がった。

■ 3位「おっさんずラブ-in the sky-」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)8197pt

12月7日に第6話を放送した。四宮(戸次重幸)と1週間のお試し交際をすることになった春田(田中圭)。一方、娘の緋夏(佐津川愛美)が春田にフラれたと知った黒澤(吉田鋼太郎)は、娘のためにと身を引いた自分の立場にモヤモヤ。そこに成瀬(千葉雄大)から春田と四宮がお試しで付き合っていると聞く。

そんななか、春田は空回りして仕事でミスを連発。あげくに体調を崩して、フライト前に倒れてしまう。黒澤に「一度、本気で自分自身を見つめ直せ」と叱られた春田は、四宮に自分の気持ちを正直に伝えることにする。

春田の気持ちが自分に向いていないことを知る四宮は先に「春田とは付き合わない」と言い、春田は「人として先輩として友情としての大好きでした」と打ち明けた。その後、春田は成瀬にそのことを報告。そして無理やりキスしたことを謝るも、いまの気持ちを成瀬に告げることはできなかった。

そんな成瀬は落ち込む四宮に「俺だって誰とでもキスできると思ってました。でももうあんたとしかしたくない」と告げた。切ない片思いシーンの連続に視聴者はもらい泣きした。

本話では、春田らの天空ピーチエアラインにCAとして新たに獅子丸(山崎育三郎)が仲間入り。四宮に気持ちを打ち明けた後、雨のなか傘もささずに歩いていた春田を「頑張ったんだね」と抱きしめた獅子丸。だが、ラストでは実は獅子丸が執行役員だったことが明かされた。最強の敵?となった獅子丸の存在が春田らの恋模様にどのような波乱をもたらすのか、注目されている。

WEBサイト ザテレビジョンの「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/9(月) 18:35
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事