ここから本文です

「僕は自分がA代表だとは思っていない」 上田綺世、コパ以来の招集への“思い”と“真意”

2019/12/9(月) 8:30配信

Football ZONE web

「A代表の自分というよりは、そこにトライしていく自分でありたい」と明かす

 森保一監督率いる日本代表は10日に韓国・釜山で開幕するE-1選手権に臨む。チームは8日に現地入りし、釜山アジアド主競技場のサブグラウンドでトレーニングを実施。今夏の南米選手権(コパ・アメリカ)以来のA代表となるFW上田綺世(鹿島アントラーズ)は、「(A代表の)責任を持ってプレーしたい」と今大会への決意を語った。

【一覧】森保ジャパン「全選手出場成績」

 東アジアの覇権を争うE-1選手権が、今回は韓国の釜山で開催される。日本代表は10日に中国との初戦を控え、J1リーグ戦終了直後に“国内組”23人が韓国に集結。初招集が11人と、フレッシュな顔ぶれでの始動となった。

 今回、東京五輪世代でA代表招集経験があるのは、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、GK小島亨介(大分トリニータ)、DF菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)、そして上田の4人。コパ・アメリカで3試合に出場した上田は「形はA代表ですけど、タイミングもあって呼んでもらえた部分が大きいし、決して自分がA代表だという感覚はない」と切り出し、今回の“A代表選出”についての持論を明かした。

「A代表という自覚は持ってやります。でも、『自分がA代表だ』という驕りは全然必要ない。僕は自分がA代表だとは思っていないので。ただ、試合に出るからにはその肩書きが絶対に付いてくるので、その責任を持ってプレーしたいなと思います」

 コパ・アメリカ後に法政大から鹿島に戦いの場を移し、13試合399分の出場で4得点を挙げているが、特殊な条件下でのA代表と受け止め、冷静に現在地を見つめる。そこにあるのは「A代表の自分というよりは、そこにトライしていく自分でありたい」という思いだ。「だからといって評価にこだわってエゴイストになるのかというと、またそれは違います」として、次のように語っている。

「あくまでチームを勝たせる選手が良い選手だし、選ばれる選手。そのために必要なことは、もしかしたらチームのために泥臭い動きかもしれないし、逆にエゴイストであることが必要とされる局面もあるかもしれない。その時、その時に応じて、僕なりの判断で必要なことをできたらいいと思います」

 勝利のために必要とされるものを見極め、チームを“勝たせる”FWとして振る舞う――。そのための選択肢には泥臭いプレーも、エゴイスティックなプレーもあり、結果として勝利を得られれば自身の評価は高まっていく。具体的かつ論理的な“FW像”を胸に、上田は東アジアの覇権を争う戦いに挑む。

Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura

最終更新:2019/12/10(火) 3:30
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事