ここから本文です

デポルティボ、柴崎出番なしで香川と“日本人対決”実現せず 18試合未勝利に「奈落の底」

2019/12/9(月) 9:30配信

Football ZONE web

ホームのサラゴサ戦で完敗…柴崎は出番なし 香川は途中出場

 MF香川真司が所属するスペイン2部レアル・サラゴサは現地時間8日、リーガ・エスパニョーラ2部第19節で日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャと対戦し、3-1で勝利した。日本人対決が期待されたが、柴崎は出番なし、香川は試合終盤での途中出場にとどまった。

【動画】「主人公だった」と現地メディア称賛…サラゴサ香川のスペイン移籍後初ゴール

 試合は昇格プレーオフ圏内につけるサラゴサが前半33分、39分と立て続けにゴールを奪い、アウェーで2点リードを奪う展開に。追う形となったデポルティボは後半から2選手を交代すると、3分にその交代出場のFWボルハ・ヴァレが1点差に詰め寄るゴールをゲット。その後21分にはPKを獲得したものの、キッカーが失敗し同点に追いつくことはできなかった。

 サラゴサは気落ちしたデポルティボの隙を見逃さず、後半35分にコロンビア人FWルイス・スアレスの追加点によって突き放す。その3分後に投入された香川は直後のプレーでイエローカードを受けたものの、積極にパスをもらいに行った。スペイン紙「AS」の採点では出場時間が少なかったため採点なしに終わったが、自らの持ち味を出そうとした。

 試合はこのまま3-1で終わり、サラゴサにとっては貴重な勝ち点3となった。その一方で危機的状況にあるのがデポルティボだ。

 チームは開幕戦に勝利して以降、18試合連続で勝ち点3を逃している。1勝9分け9敗の勝ち点12で最下位(22位)に沈んでおり、21位のエストレマドゥ-ラとは勝ち点5差の状況。同紙は「奈落の底に足を踏み入れ、治療することなくセグンダB(3部)に至る道を離れることは不可避だ」とし、試合後に本拠地リアソールに大ブーイングが飛んだことも明記している。1990年代後半から2000年代前半に“スーペル・デポル”と呼ばれ躍進したクラブが絶不調に陥るなか、柴崎は出番を得て救世主となれるのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/9(月) 10:53
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事