ここから本文です

契約満了の韓国人MFが感謝 Jベストイレブンも参席の“FC東京食事会”ショットに反響

2019/12/9(月) 20:20配信

Football ZONE web

7日にFC東京との契約満了が発表されたMFユ・インス、SNSに惜別ショットを投稿

 FC東京に所属する韓国人MFユ・インスが8日に自身のインスタグラムを更新し、チームの食事会ショットを公開。7日にFC東京との契約満了が発表されたなか、「みんなありがとう」と感謝の思いを綴っている。

【写真】J1ベストイレブンの6人も私服姿で登場! 契約満了の韓国人MFユ・インス、惜別の“FC東京食事会ショット”公開

 ユ・インスは2016年にFC東京へ加入し、2018年にアビスパ福岡へ期限付き移籍。今年からFC東京に復帰し、J1リーグで5試合無得点、J3リーグのU-23で12試合3ゴールだった。

 7日にFC東京との契約満了が発表されたユ・インスは、公式サイトを通じて下記のようなメッセージを発信している。

「東京はプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせたクラブであり、味スタの大観衆の前でプレーをできたことなど本当に素晴らしい経験をさせてもらいました。ファン・サポーターのみなさまに対して、どうやったら恩返しができるか考え、やはりゴールという結果で、みなさんに笑顔を届けたいと思っていました。ゴール後に、ハートのパフォーマンスを一緒にできたことは最高の思い出です」

 また「ここからがスタートだと思っています」と心中を明かしたユ・インスは、「東京でプレーした3年間はいい記憶しか残っていません。本当に素晴らしい時間をありがとうございました」と締めくくっている。

 ユ・インスはその翌日にインスタグラムを更新。FC東京の面々が揃った食事会の写真を公開し、今季のJ1ベストイレブンに選手されたGK林彰洋、DF室屋成、DF森重真人、MF橋本拳人、FWディエゴ・オリベイラ、FW永井謙佑ら6人も私服姿で納まっている。「良い思い出をともにして満足している」と綴った韓国人MFは、「再び会うことを期待して」「みんなありがとう」と感謝の意を示している。

 ファンからは「もっと見たかった」「待ってます」の声が上がっており、惜別ショットが反響を呼んでいる。

Football ZONE web編集部

最終更新:2019/12/9(月) 21:23
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事