ここから本文です

世界最高の右ウインガーは誰だ!RWG能力値ランキング16位~20位、バッジョの再来と玄人好みの謎の選手がランクイン! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

2019/12/9(月) 7:00配信

フットボールチャンネル

20位:超攻撃型ウインガー

FW:イルビング・ロサーノ(メキシコ代表/ナポリ)
生年月日:1995年7月30日(24歳)
昨季リーグ戦成績:30試合17得点11アシスト(PSV)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)

 今夏、PSVからナポリへ移籍をしたイルビング・ロサーノ。2018年のロシアワールドカップでドイツ代表から決勝点を挙げて勝利に導いた立役者だ。そして昨季はリーグ戦で30試合17得点11アシストという素晴らしい成績を残した。

 ロサーノはスピードを生かしたプレーが得意な選手で、ドリブルと裏への飛び出しでその長所を活かす。派手なフェイントを使うわけではないが、トップギアのままでも相手にボールを奪われることのないテクニックも兼備。そして決定力とチャンスメイク能力の高さも武器の一つだ。また右サイドだけでなく、左サイドとCFとしてもプレーが出来る。攻撃センス抜群の選手だ。

 ウインガーにロレンツォ・インシーニェやホセ・マリア・カジェホンなど世界最高峰の選手を揃えるナポリでどのようにアピールをしていくだろうか。注目だ。

19位:クラブを転々とした苦労人

FW:ピッスィ(ポルトガル代表/ベンフィカ)
生年月日:1989年10月6日(30歳)
昨季リーグ戦成績:34試合13得点19アシスト
市場価格:2500万ユーロ(約30億円)

 スペインの強豪アトレティコ・マドリーを初め、デボルティーボやエスパニョールなど数多くのクラブを渡り歩いてきたピッスィ。9つ目となる現在のチーム、ベンフィカでようやく才能を開花させた苦労人だ。

 ピッスィの右足から放たれるキックは芸術品だ。パスとシュートのどちらにおいても、非常に精度の高いキックを蹴ることが出来る。特にラストパスの能力が非常に高く、昨季はリーグ戦で19アシストを記録してアシスト王に輝いた。それだけでなく決定力の高さもあるのが彼の強みだ。またウイングだけでなく中盤でプレーをすることもでき、司令塔の役割を果たすことも可能。ピッスィは攻撃の要と言っていいだろう。

 30歳になりベテランの域に足を踏み入れつつあるが、その能力が衰える様子はない。今季のこの男に注目だ。

1/3ページ

最終更新:2019/12/9(月) 7:00
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事