ここから本文です

トッテナム、ローマFWに興味か。ケインのバックアッパーとして

2019/12/9(月) 8:40配信

フットボールチャンネル

 トッテナムは新しいアタッカーの獲得を目指しているようだ。

 8日付けの英紙『サンデー・ミラー』は先月20日に就任したジョゼ・モウリーニョ監督がローマ所属のボスニア代表FWエディン・ジェコに興味を持っていると伝えている。既にスカウト陣がジェコのプレーをチェックしているようだ。

【写真】トッテナムからはあの男もこの男も選出! 19/20サッカー選手能力値ランキング

 33歳のジェコは今季公式戦19試合に出場し8得点を挙げている。マンチェスター・シティやヴォルフスブルクでもプレー経験のあるストライカーはキャリア通算268得点を決めている。

 トッテナムはそんなジェコをチームのエースでイングランド代表FWハリー・ケインのバックアップ要員として考えているようだ。

 なお2022年までローマと契約を結んでいるジェコに対してはマンチェスター・ユナイテッドも関心を示している模様だ。モウリーニョ体制になって以来5戦4勝と調子が上向いてきたチームに新たな点取り屋が加わる事になるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:2019/12/9(月) 8:40
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事