ここから本文です

47歳「新庄剛志」が現役復帰宣言 NPBはそんなに甘くはない、現実的な選択肢は…

2019/12/9(月) 5:58配信

デイリー新潮

 新庄剛志、ここに見参である。

 阪神や日本ハム、メジャーリーグで強烈なインパクトを残し2006年シーズン限りで現役引退。その後は芸能活動や実業家など、気分次第の「セカンドライフ」を送ってきた47歳が“現役復帰”を宣言した。

【写真】仲良く買い物をするイチローと弓子夫人 貴重なインタビュー

 新庄氏は11月中旬、自身のインスタグラムの動画で、「みんな夢はあるかい?」と問いかけ、 「1%の可能性があれば、必ずできる。今日からトレーニングを始めて、もう一回プロ野球選手になろうと思います」と宣言した。その後もトレーニングでの肉体改造中の写真を投稿。さらに、「無理に決まっている」と見解を示した、阪神時代の恩師、野村克也氏に対しては、「今度会ったら45分間説教」とやり返した。

 阪神時代の担当記者は言う。

「本気かどうかは正直、よくわからないです。トレーニングを再開したようですが、どこか“商業的なアピール”にも見える。実際、現在の新庄氏は経済的に厳しく、信頼していたビジネスパートナーに裏切られて、多額の金を損失したと報道されたこともありました。生活自体も以前のように派手にはいかない状況という話もありますね」

 商業的なアピールはさておき、“現役復帰宣言”にはどういう意図があるのかは、確かに読みにくい。阪神時代に2年間ともにプレーした経験を持つ、野球解説者・本西厚博氏は、新庄氏についてこう話す。

「現役時代の新庄氏は、今まで見た中で間違いなくトップクラスの外野手でしたね。身体能力だけでなく、判断力や決断力もすべて備えていました。なかでも、送球は捕球からの一連の動作にまったくムダがなくて、強さと正確性が抜群だった。試合前に一緒にノックを受けるのが嫌になるぐらいでしたまた、足も速かった。タイプとしては陸上選手で例えると中距離的というか、どんどん加速するタイプ。瞬発力が必要な盗塁は少なくても、二塁打や三塁打が多かったですね。決断力が優れていたので、紙一重の走塁が積極的にできるのが強みでした」

1/2ページ

最終更新:2019/12/9(月) 12:54
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事