ここから本文です

村田修一が松坂世代を語る。松坂大輔に エール「限界まで投げ切って」

2019/12/9(月) 6:10配信

webスポルティーバ

12月3日、中日を退団して自由契約になっていた松坂大輔が、14年ぶりに西武に復帰することが決まった。今年はケガの影響もあり、2試合に先発して未勝利。メジャー挑戦前に8年プレーした古巣で、39歳になった"平成の怪物"松坂が、令和にもうひと花咲かせることができるかに注目が集まっている。

【写真】栗山英樹監督が批判されても清宮幸太郎を起用。その真意、目的とは?

 同級生である"松坂世代"の中には、今シーズン途中から阪神のクローザーを務めた藤川球児など現役で奮闘する選手もいるが、一方で引退を発表した選手も多い。ベイスターズ、巨人などで世代を代表するスラッガーとして活躍し、来季から巨人の二軍野手総合コーチを務める村田修一氏に、プロ野球を共に盛り上げた男たちについて聞いた。

──まずは、今シーズン限りで引退を発表した選手について伺います。ヤクルトで85勝(68敗)を挙げた館山昌平投手は、日本大学時代のチームメイトでもありましたが、引退に関しては事前に連絡があったんですか?

「館山本人から電話があって知りました。驚きはしませんでしたよ。彼は昨年、僕がBC栃木で引退試合をした際に、その打ち上げに顔を出してくれて『村田に憧れて(大学時代からの村田の)背番号25をつけて、一緒にプロでやれてよかった。もう1年、この番号をつけてがむしゃらにやる』と言っていましたから。もがいた末に決断を下したんだなと思いました。

 あれだけ肘にメスを入れて"球界の手術王"とも言われましたが、その度に不死鳥のように蘇って150キロ前後の球を投げていた。大学時代から変わらずハートが強い投手でしたね。同じ釜の飯を食った館山が頑張ってくれたから、僕も頑張ることができたと思っています」

──投手としてはもうひとり、広島で79ホールド・165セーブを記録した永川勝浩投手もユニフォームを脱ぐことになりました。

「永川とは東都大学野球時代から戦ってきました。当時の亜細亜大学は、永川と木佐貫(洋/来季は巨人の二軍投手コーチ)の"2枚看板エース"のチームでしたね。プロ入り後も含め、僕の打率を下げてくれたピッチャーのひとりです(笑)。広島のクローザー、中継ぎとして活躍しましたが、決め球のフォークボールはカーブのような曲がりで落ちるんですよ。今で言うと、ソフトバンクの千賀(滉大)の"お化けフォーク"に近いでしょうか。縦の変化が大きくて、現役時代には本当に苦労しましたね」

1/4ページ

最終更新:2019/12/10(火) 18:25
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事