ここから本文です

小室圭氏、緊急帰国して「結婚再延期」を願い出る可能性も

2019/12/10(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 令和になり初の年末に、眞子内親王(28)の“婚約内定者”小室圭氏(28)が再びワイドショーを賑わす──そんな展開が待ち受けているかもしれない。

【写真】笑顔の眞子さま。父のお気持ちはどう伝わったのか

「この次の2月で2年経つわけですね。昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、やはりその、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」

 11月30日の54歳の誕生日を前に記者会見した秋篠宮は、長女・眞子内親王と小室氏の結婚問題についてそう言及した。

 眞子内親王と小室氏は2017年9月に揃って婚約内定会見をしたが、その後、小室氏の母・佳代さんと元婚約者の「400万円金銭トラブル」が発覚し、結婚が延期されて現在に至る。

「結婚延期を機に秋篠宮殿下と眞子さまの間で、プライベートでは会話がなくなったと報じられました。実際に今回の会見でも秋篠宮殿下は、『結婚のことについては話をする機会はありません』と認められた。昨年は断続的に続けられていた小室家との話し合いも、今年になってから秋篠宮殿下は一切関与していないことも明かされました」(皇室記者)

 何の進展もないまま迎えた今回の会見で、秋篠宮は「ある決意」を示した。

「秋篠宮殿下は以前『多くの人が納得し喜んでくれる状況でなければ納采の儀は認められない』と明言しましたが、結婚を認めないとは述べられていない。自主性を重んじる方なので、小室氏の金銭問題さえクリアになれば、眞子さまの決定には反対されないはずです。だからこそ今回の会見では“早く解決したい”との思いで期限を区切ったのでしょう。結婚問題を来年4月19日の『立皇嗣の礼』まで引っ張るつもりはなく、2月23日の天皇陛下の誕生日までに結論を出すよう小室氏と眞子さまに『最後通告』を突き付けた格好です」(前出・皇室記者)

 気になるのは小室氏の対応だ。「彼には“前科”がありますからね」と語るのは宮内庁関係者。

「昨年の誕生日会見で秋篠宮が『2人が結婚したいなら相応の対応をすべき』と促すと、小室さんは今年1月にいきなり『金銭的な問題はすべて解決済み』との文書を公表しました。1枚のペーパーで解決しようとしたことに秋篠宮ご夫妻は不信感を抱いたとされます。今回も同様の対応をすれば、秋篠宮夫妻はさらに態度を硬化させるかもしれません」(宮内庁関係者)

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 18:57
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事