ここから本文です

色で選ぶ! 今年のカシミヤニット6色6選

2019/12/10(火) 12:05配信

WEBUOMO

この冬は、思い切った色モノが大豊作なカシミヤニット。重くなりがちな冬のスタイルを、着心地&カラーで鮮やかにシフトしてくれる。

【BLUE】見た目は控えめ。でも実はハイクオリティ

ロンT感覚で着られるベーシックなファインゲージのカシミヤニット。少しグリーンがかった深みのあるブルーだから、冬場のダークトーンのアウターとも相性がいい。¥25000/エイチ ビューティ&ユース

【PURPLE】パープルもカシミヤなら色気をセーブ

ふわふわとした毛足が気持ちいいファーカシミヤのニット。縫い代がない無縫製のホールガーメントで編み立て、職人の手で丁寧に染められた優しいパープルの色合いも魅力。¥33000/エイトン(エイトン青山)

【PINK】大人が欲しいちょうどいい“かわいげ”

丈夫かつしなやかな内モンゴル産のホワイトカシミヤで作ったニットパーカ。上質な光沢と、コットンスウェットのような肉厚感で、大胆なピンクも甘くなりすぎず大人な表情。¥83000/ボーディ(alpha PR)

【YELLOW】一流の糸だから可能な鮮やかなイエロー

スコットランドをベースにしたニットブランドが手がけるモックネックニット。ロロ・ピアーナ社の高級カシミヤを使用することで、ソフトな着用感と鮮やかな発色を実現。¥45000/エスク(メイデン・カンパニー)

【KHAKI】ディテールのこだわりに着てみて初めて気づく

さりげない肩の落ち感と、折り返したときに立ち具合がキレイなネックの厚み。そして控えめなカーキ色。計算し尽くされたタートルネックニットは、大人にこそ似合う一枚。¥112000/クリスタセヤ(BIOTOP)

【RED】定番人気のニットに朱赤が新登場

コモリが毎シーズンリリースしているスキッパーニットの新色。時間をかけて紡いだカシミヤ糸を使用することで、ふわりとした自然なふくらみと極上の柔らかさを備える。¥49,000/コモリ(ワグ インク)

Photos:Yoshio Kato
Stylist:Shuhei Yoshida

最終更新:2019/12/10(火) 12:05
WEBUOMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事