ここから本文です

火災に遭ったノートルダム大聖堂の再建が、3Dスキャンによる“デジタルコピー”を活用して動きだした

2019/12/10(火) 8:11配信

WIRED.jp

今年4月に火災の被害に遭ったパリのノートルダム大聖堂。その屋根を300年ものあいだ支えてきた“森”とでも呼ぶべき木材の複雑な骨組みは、19世紀に建立された尖塔とともに焼き尽くされてしまった。

火災に遭ったノートルダム大聖堂の「未来」は、遺されたデジタルデータが握っている

しかし、その森の“記憶”はデジタルデータとなって生き続ける。YouTubeにアクセスすれば、100年以上も前の大聖堂を3D動画で見ることができる。文豪ヴィクトル・ユゴーが小説『ノートル=ダム・ド・パリ』で鐘つき男カジモドのかなわぬ恋を描いた19世紀よりも、さらに昔の聖職者たちが静かに歩く聖堂を訪ねることができるのだ。

これを可能にしたのは、文化遺産の3Dデジタル化と模型製作を専門とするフランスのArt Graphique Patrimoine(AGP)である。同社は2014年から16年にかけてノートルダム大聖堂の全体的な構造をスキャンして撮影していた。そして火災の翌日、AGPはフランス政府から依頼を受ける。同社のアーカイヴにあるデータを使って、焼失する前の大聖堂をデジタル映像で蘇らせてほしいというのだ。

「わたしたちが撮影したデータには、全体の外観、ふたつの鐘楼、パイプオルガン、そして“森”の全容をはじめ、建物の大部分が含まれていました」と、AGPの最高経営責任者(CEO)で石造建築の専門家でもあるガエル・アモンは言う。

500億個もの「点」からなる3Dデータ

対象となる建造物をスキャン撮影する際、AGPはヘリコプター、ドローン、地上に設置したスキャナーなどを用いる。撮影チームには、レーザー測量や写真測量(3D距離計や写真を利用して正確な距離を測る技術)の技術をもつ専門家がおり、測量データは建物の散布図モデルに変換される。

AGPが保存するさまざまなスキャン映像から大聖堂をデジタルで“再建”するには、“スーパー計算機”の異名をもつコンピューター6台を使って2カ月をかけ、データポイントを散布図モデルに移し替えていく作業が必要だった。加えて21名の精鋭からなるチームが、常時監視に当たらなければならなかった。

AGPが保有するノートルダム大聖堂関連のデータセットは、500億個もの「点」からなる3Dデータで構成されている。1平方ミリメートルの空間に1~2個のデータポイントがある計算だ。このうち屋根を構成する“森”だけでも、その構造をスキャンした150枚の画像に30億~50億個のデータポイントが含まれている。

しかし、本当に大変な作業はこれからだ。火災前の大聖堂はデジタル空間に存在し続けることになったが、現在AGPが取り組んでいるのは、この建物に関する情報の一つひとつを統合し、極めて詳細な「スマート3Dデータベース」を構築することにある。例えばステンドグラスの窓にズームインすると、素材、製造日、様式といった一連の関連情報が表示される仕組みをつくろうとしているのだ。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 8:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事