ここから本文です

白菜半分使いきり!糖質オフの「塩レモンミルフィーユ鍋」

2019/12/10(火) 16:44配信

ESSE-online

冬は白菜がおいしい季節。大きく育ったお買い得な白菜を買ったら、たっぷり食べられる「ミルフィーユ鍋」に!
「いつもの味はちょっと飽きた…」という人のために、料理研究家の市瀬悦子さんが、糖質オフにもなる「塩レモンミルフィーユ鍋」レシピを教えてくれました。

大根1本使いきり!山本ゆりさんの豚バラ肉みぞれ鍋

白菜1/2個に豚バラ肉を加え、食べごたえバッチリ。なのに糖質量は1人分たったの6.7g

白菜は、ビタミンCやミネラルが多く、体調を崩しがちな冬の健康維持にぴったりな野菜。低糖質で料理のかさ増しにもなるので、ダイエット中の強い味方でもあります。

今回、市瀬さんが教えてくれたのは、「白菜と豚バラの塩レモンミルフィーユ鍋」。
「定番のおいしさに、レモンのさわやかな酸味を加えてみました。さらに、豆苗を鍋の中央に入れて、見た目にも食感にも変化をつけました。白菜は、4人分で1/2個使うので、使いきりにも貢献してくれますよ」と市瀬さん。

たっぷり食べても糖質が低いので、満足度の高いヘルシーメニューです。

●白菜と豚バラの塩レモンミルフィーユ鍋

【材料(4人分)】
・白菜 1/2個(1kg)
・豚バラ薄切り肉 300g
・A[だし汁4カップ 顆粒鶏ガラスープ大さじ1 塩小さじ1と1/2]
・豆苗 1パック
・レモン(輪切り・ワックス、防腐剤不使用のもの) 4枚

【つくり方】
(1) 白菜は縦半分に切り、1枚ずつ葉をはがす。白菜3~4枚を葉先と芯の向きを交互に逆にして重ね、豚肉2枚を広げてのせる。再度白菜と豚肉を重ね、白菜3~4枚を重ねてひとかたまりにする。残りも同様にし、鍋の深さに合わせて4~5等分に切る。
(2) 直径約24cmの鍋に、(1)の切り口が見えるようにして隙間なくつめる。Aを混ぜて回しかけ、強火にかける。煮立ってきたら弱火にし、フタをして白菜がやわらかくなるまで15分ほど煮る。
(3) 豆苗の根元を切り落とし、(2)の中央を少しあけてから加える。さっと煮て、レモンをのせる。
[1人分331kcal]

<ポイント>

ミルフィーユ鍋は、味はもちろん、見た目が華やかに見えるのも人気の理由。
見栄えよくつくるには、「白菜を重ねるときに、芯と葉先の向きを交互に逆にして重ねることがポイントです。こうすると食感や厚みのバランスが整って、鍋につめたときに見栄えよく仕上がります」(市瀬さん)。

おしゃれな洋鍋に、重ねた白菜と豚バラ肉、豆苗をつめ、レモンの輪切りをのせれば、映えるお鍋のでき上がり! 思わず写真を撮りたくなってしまいますよ。

ESSE1月号では、新連載「毎日の晩ごはんに 糖質オフおかず」がスタート! 季節の野菜を使ったメニューや、ボリュームたっぷりの肉・魚介のメニュー。主菜に組み合わせたい簡単な副菜など、手軽につくれる糖質オフおかずを紹介しています。糖質オフダイエットをしている人にも、ダイエットをしていない人にもおいしく食べていただけるレシピです。

※子ども、妊娠中やその可能性のある方、持病のある方は糖質オフを行う前に主治医に相談してください。また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。

<料理/市瀬悦子 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

最終更新:2019/12/10(火) 16:44
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事