ここから本文です

国産プレミアムSUVを代表する「トヨタ・ランドクルーザー」 登場から68年の歴史を振り返る

2019/12/10(火) 17:50配信

Auto Messe Web

世界中で愛され、累計生産台数1000万台突破

 意外なことだが、日本車のなかで最も長い歴史を誇り、21世紀になった今も売れているクルマはトヨタの大型SUVである「ランドクルーザー」だ。ライバルからSUVキングとして崇められるようになったランドクルーザーは2019年、累計生産台数1000万台の金字塔を打ち立てた。最初に足跡を記したのは1951年に誕生したトヨタジープBJ型から台数を積み重ね、自動車史に残る偉業を達成。メイド・イン・ジャパンのクルマづくりの優秀性を、世界が認めたのである。

独特のスタイルを持たせた56型ランドクルーザー【画像】

三菱JEEP以前にトヨタ「ジープ」が存在

 ランドクルーザー(以下ランクル)のネーミングで登場したのは1954年6月だが、実は「ランクル」には前史がある。その3年前の51年、警察予備隊(現・陸上自衛隊)の車両採用試験に向け、トヨタはジープBJ型を試作し、富士山6合目までの登坂試験などを行なった。そして53年から本格的な生産に入ったが、「ジープ」という車名がアメリカのウイリス・オーバーランド社の商標権に抵触。そこでランドクルーザーと改名したのだ。

 ランドクルーザーは55年夏に初めてのモデルチェンジを行ない、20系へと進化。ホイールベースが短いショートボディとストレッチ仕様のロングボディ(30系)があり、ボディタイプも多彩で、この20系の時代にはワゴンも設定していた。が、生産の大半は2WD車。エンジンは、直列6気筒OHVガソリン2機種を揃えている。

人気が高く新型が登場しても生産を続けた40系

 60年1月にモデルチェンジを果たして40系へと進化。強靭なラダーフレームや4輪リーフリジッドのサスペンションを受け継ぎ、副変速機を2速に増やした。また、北米市場からの要求から高速性能と快適性の強化を図っている。

 この40系はホイールベースやボディタイプ、ドアの枚数の違いなど、多くのバリエーションを誇り、ショート、ミドル、ロングボディに加え、フレームを300mm延ばしたスーパーロングも設定。67年には4ドアバン(45系)に代わるワゴン系列モデルとして55系ランクルが投入される。

 パワートレインも多彩。直列6気筒のガソリンエンジンが主役だが、オイルショックを機にランクル初のディーゼルを設定し、直列4気筒エンジンも送り出した。その後は排ガス対策にも力を入れている。

 40系ランクルは、そのほとんどが海外に輸出され、信頼性の高さを強くアピール。80年に4ドア、ロングボディの60系ランクルが誕生したが、20年経っても人気が高かったため40系ランクルは生産を継続した。

1/3ページ

最終更新:2019/12/10(火) 19:50
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ