ここから本文です

ポルシェのEV「タイカン」は価格にふさわしい性能だが、「ポルシェらしさ」は薄い:試乗レヴュー

2019/12/10(火) 12:41配信

WIRED.jp

ポルシェ初の完全なる市販EVとして登場した「タイカン」は、その高価格にふさわしい最良ともいえるEVである。その一方で、クルマとのコミュニケーションを通じて自らクルマを操っているのだと実感できる、そんな「ポルシェらしさ」は感じられなかった──。『WIRED』US版による試乗レヴュー。

ポルシェならではの優れたエンジニアリングとは?

ポルシェの完全な電気自動車(EV)「Taycan(タイカン)」をドイツのアウトバーンで走らせると、あまりにあっけなく最高速度に達する。

ハンブルクから少し北で追い越し車線が空いたところを見計らって、ペダルをぐっと踏み込む。タイカンの最上位モデルである「ターボS」は一気に加速し、それに合わせてスピードメーターの針も上がっていった。

試乗した「ターボS」は真っ白なボディで、同じく白の21インチホイールを履いている。そのボディは「ポルシェ911」を前後に引き伸ばしたような印象だ。

タイカンの加速は、まるで電磁兵器を思わせるような推進力である。その一気に解き放たれたエネルギーによって、同乗者どころかドライヴァーまでが不意をつかれてしまう。なにしろターボSは、たったの2.6秒で時速60マイル(同約96km)に達するのだ。

驚くほど滑らかな走り

しかし、その加速力と同じくらい衝撃的なのは、路面が滑らかな高速道路では、サスペンションがほとんど影響されないことだろう。時速120マイル(同約192km)になると、空気の流れによって車体が押し下げられる様子が感じられる。それでも風切り音はまったく聞こえてこない。空気抵抗係数のCd値が0.22で、ポルシェの歴史上で最も優れているおかげだ。この値はテスラの「モデル3」をも上回る。

通常のクルマなら時速140マイル(同約224km)にもなれば、まるで終末を思わせるような風切り音とロードノイズが聞こえてくるはずだ。ところがタイカンの場合、室内は現実とは思えないほど静かで落ち着いている。

そして時速160マイル(同約256km)では、前方に見えていたクルマが一瞬で後方に飛び去ったように見えるほどだが、最高出力750馬力、最大トルク774lb-ftという途方もないパワーのターボSは余裕たっぷりだ(このスペックは標準モデル「ターボ」の616馬力から、さらに引き上げられている)。

リミッターがかかる最高速の時速162マイル(同約259km)に達したところで、ふと考えた。タイカンだけでなく、ポルシェや他のメーカーからも続くであろう高性能EVという方向性が、これから進むべき道であることは間違いない。実際にロータスやピニンファリーナ、リマック・アウトモビリ、テスラといったメーカーから、さらに速くて滑らかに走るハイパーカーのプロトタイプが登場している。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 12:41
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事