ここから本文です

絶滅危惧のトラの「胎児」を密売 インドネシア、一方では人が襲われる事件も

2019/12/10(火) 18:05配信

ニューズウィーク日本版

野生動物の保護は必要だが、一方で彼らによって人が襲われる事件も。人間と動物たちの共生の道は?

インドネシアのスマトラ島に生息し、絶滅危惧種に指定されているスマトラトラが、農園で働く労働者を襲う事件が相次ぎ、これまでに2人が死亡、観光客を含む2人が負傷した。一方ではスマトラトラの胎児や毛皮を所持・保管していたインドネシア人5人を警察が自然保護法違反容疑で逮捕する事案も発生するなどスマトラトラと人間の「攻防」が激化している。

[動画] 押収されたスマトラトラの毛皮と胎児

インドネシアメディアの「テンポ」(ネット版)やシンガポールのCNAテレビなどの報道によると、12月5日にスマトラ島南スマトラ州パガララム市にあるコーヒー農園で働く男性が自宅に戻らず、家族が農園内を捜索していたところ、遺体を発見した。

発見現場付近にはトラが徘徊していた痕跡があることや、遺体が足と骨しか残されていなかったことなどから付近に生息するスマトラトラに襲われ、喰われたものとみられている。

この男性の家族はメディアに対して「農園内の小屋に寝泊まりすることもあったので今回もそうかと思っていた」と話しているため、捜索が迅速に行われなかった可能性も指摘されている。

<約1カ月でトラに襲われる被害4件発生、2人が死亡>

同州パガララム市周辺では11月以降の約1カ月の間にスマトラトラが人間を襲う事件が今回のものを含めて4件も発生しており、2人が死亡、2人が重傷を負う非常事態となっている。

11月17日には同市タンジュンサクティ地区のコーヒー農家で働くクスワント氏(57)がスマトラトラに襲われて死亡する事件が起きている。

このほか11月16日にはパガララム市グヌンデンポ公園敷地内で仲間とキャンプを楽しんでいたインドネシア人観光客のイルファンさん(19)がスマトラトラに襲われて重傷を負った。

そして12月12日には同じパガララム市デンポスラタン地区でコーヒー農園の労働者マルタロラニ氏(24)がスマトラトラに襲われ、右脚太腿、腹部に重傷を負った。

わずか1カ月の間にパガララム市周辺でスマトラトラによる事件が4件も相次いだことについて地元警察や自然保護局関係者は、森林開発や火災などでトラの生息域が狭められ、エサを求めて農園に出没することが多くなったとの見方を示し、農園で働く労働者や地域の住民に対し、警戒を呼びかける事態となっている。

1/2ページ

最終更新:2019/12/10(火) 19:03
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事