ここから本文です

【長井かおりの眉講座】ぼんやり「困り眉」をメリハリ眉にするコツ

2019/12/10(火) 21:50配信

集英社ハピプラニュース

スーパーバイラーズのセルフ眉メイクを、ヘア&メイク長井かおりさんが赤ペン指導! 眉間のあいた困り眉は、眉頭を書き足す&眉山のエッジをきかせることで、ぼんやりとした雰囲気からぐんと顔印象がかわるんです。

眉毛のタイプは人それぞれ。自分に近い眉形を見つけてメイクの参考にして

セルフ眉メイク

スーパーバイラーズ 臼居実優さん
眉山がぼんやりしていて、眉間が離れているため、下がり眉が悪目立ちしている状態。メリハリ感もないので、頼りなげ&顔も大きく見せてしまっている。

使用したのはこの3つ!

(左)眉ブラシ

(右上)淡グレーのアイブロウ
左端のチャコールグレーを使用。柔毛と相性◎。ディオールバックステージ ブロウ パレット 002 ¥4000/パルファン・クリスチャン・ディオール

(右下)ウォームブラウンのアイブロウ
毛質を柔らかく見せる赤みブラウン。下2色を混ぜて塗り絵に使用。ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-6 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品(限定発売)

How to

(上)すっぴん眉

(下)理想の眉を赤ペンで

“あったらいいな”眉を作る

(上)1.眉山にグレーを立て置き
<ポイント>ぼんやりとした眉山のエッジをきかせる
まずはコームで毛流れを上向きに。これだけでも下がり眉印象をカバーする効果が。そして曖昧な眉山は、眉丘筋に合わせてエッジをきかせ、ハッキリきわだたせる

(下)2.眉頭はブラシ3本分
<ポイント>足りない眉頭は縦ブラシを横に3本分
眉頭が目頭の真上から始まっている状態。このままでは離れすぎなので、ブラシを縦に持ち、横へと3本分スタンプのように立て置き。瞳印象もグッと引き締まる

(上)【擬似眉完成】美人ポイントを整えて…

(下)【理想の眉に】眉ブラシを使用しウォームブラウンのアイブロウを重ねる。ブラシを横に寝かして塗り絵のようにするのがコツ。仕上げにスクリュー部分を使ってなじませれば完了!

「理想的眉バランスで自分に自信が」

トップス¥2600/アダストリア(ラコレ) ピアス¥2300/サンポークリエイト(アネモネ)

撮影/押尾健太郎(人)、久々江満(物) ヘア&メイク/長井かおり スタイリスト/内堀悠香(人) 取材・原文/谷口絵美 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2019年12月号掲載

最終更新:2019/12/10(火) 21:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事