ここから本文です

「グラン・ブルー」のモデルとなった伝説的ダイバーの人生に迫る 「ドルフィン・マン」を採点!

2019/12/10(火) 17:00配信

文春オンライン

〈解説〉

リュック・ベッソン監督の『グラン・ブルー』(1988年)で、主人公のモデルとなった伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨールのドキュメンタリー。上海で過ごした幼少期に日本を訪れ、海女を見た原体験や、イルカやヨガ、禅との出会い、数々の偉業、最愛の恋人を失った悲劇、晩年の孤独と自死までが、記録写真や映像と、実子、同業者ら関係者へのインタビューを交えて綴られる。ナレーションを担当したのは、『グラン・ブルー』で主人公を演じたジャン=マルク・バール。これが初の長編ドキュメンタリーとなるギリシャのレフトリス・ハリートス監督が、“ドルフィン・マン”の異名を持つマイヨールを通して、人間と自然の関係について問題提起する。78分。

【写真】この記事の写真を見る

中野翠(コラムニスト)★★★☆☆海中ゆえに目印になる物がなく、その深さがわかりづらい。「無」の世界に取り憑かれた男の内面をもっと知りたかった。

芝山幹郎(翻訳家)★★★☆☆ドキュメンタリーとしての詰めは物足りないが、J・マイヨールの無頓着な体質が面白い。自身を被写体と意識していない。

斎藤綾子(作家)★★★★☆自己愛に溺れたとマイヨールを軽んじていたが果てしなく深い孤独に自ら沈んだと知る。同時期に自殺した知人たちに涙。

森直人(映画評論家)★★★★☆単一の理想やイメージから大きく逸脱する豪傑の姿が紐解かれる。太陽の眩しさと深海の暗さを複雑に往来した男の肖像。

洞口依子(女優)★★★★★まさにドルフィン・マンという名が相応しい男。本当に大切なものは何か? 問わず語りに迫る海。乾いた心が救われる1本。

INFORMATION

「ドルフィン・マン ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ」(ギリシャ、フランス、日本、カナダ)
新宿ピカデリーほか全国順次公開中
https://www.uplink.co.jp/dolphinman/

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年12月12日号

最終更新:2019/12/10(火) 17:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事