ここから本文です

監督・坂本浩一×主演・山田裕貴ドラマ『SW』、キャスト&メインビジュアル情報到着!

2019/12/10(火) 18:10配信

アニメージュプラス

2020年1月5日(日)よりスタートする主演・山田裕貴、ヒーローアクションの第一人者・坂本浩一が監督を務めるドラマ『SEDAI WARS』のキャストやメインビジュアル、OP主題歌等、新情報が到着! 早速ご紹介していこう。

【関連画像】メインビジュアルや各キャスト(写真4点)

この度、“SEDAI WARS”へと参戦して壮絶なバトルアクションを繰り広げる「SEDAI(セダイ)」メンバーを演じる追加キャストが一挙解禁に。さらに、彼らが集結する本作メインビジュアルも解禁された。

本作の舞台は近未来の日本。世代間の軋轢によって社会が崩壊の一途を辿る中、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決めるという“SEDAI WARS”の開催が発表される。
なんと“SEDAI WARS”は、SEDAI(セダイ)と呼ばれる各世代の代表者がVR空間内でバトルロイヤルを行うというトンデモイベント。
最強の“世代”を“SEDAI WARS(セダイウォーズ)”で決定するという、バトルアクションドラマだ。

そんな“SEDAI WARS”に参加する、SEDAIメンバーがついに発表に。
各世代ごとのキャストを一挙ご紹介!

■団塊世代:『緑川警部シリーズ』の西岡德馬、『3年B組金八先生』の鈴木正幸
■バブル世代:『ナースのお仕事』の岡田浩暉、『真珠夫人』の横山めぐみ
■ロスジェネ世代:『あなたの番です』の真飛聖、『轟轟戦隊ボウケンジャー』の出合正幸
■ゆとり世代:『ホームルーム』(ドラマ特区:MBS2020年1月23日スタート)との2作品同時期主演・山田裕貴、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の奥山かずさ
■ミレニアル世代:『かぐや様は告らせたい』の浅川梨奈、『ひとよ』の池田優斗

さらに『パッチギ!』の大友康平がバトルロイヤルの仕掛け人である総理大臣役として出演決定している。

そして熱いバトルを予想させるメインビジュアルも解禁!
“何でもあり”のVR空間でのバトルロイヤルでは、己の精神力、集中力を高めることで各世代を象徴する姿へと変身し、世代ごとに様々な必殺技を繰り出すことができるらしい。
公開されたメインビジュアルでは、そんなバトルモードへと変身を遂げたSEDAIたちが集結し、これからのバトルを彷彿とさせる仕上がりに。
仕掛け人である内閣総理大臣・安藤直樹(演:大友康平)が、10人のSEDAIたちを不敵な笑みで見下ろし、さらにその背後には、もはや悪役としか思えないポジションにそびえ立つ謎の着ぐるみも!!

続けて、OP主題歌を“Blue Vintage”が担当することも発表された。
“Blue Vintage”は、多国籍な感性と日本人離れした歌唱力が魅力のJ.Speaksと、ギターと共に人生を歩んできた生粋のギタリスト・Taigaとで結成された男性2人組デュオ。

さらにBlue Vintageから『SEDAI WARS』の主題歌楽曲についてコメントが寄せられている。

■Blue Vintageコメント

日常生活のありとあらゆる場面で感じる世代間ギャップ。
ゆとり、バブル、ロスジェネと様々な世代がいますが、やはりというか、みんな分かり合えません(笑)。
自分達の生きた証をぶつけ合うようなものなので、折り合いのつかないことの方が多い気がします。
今回ドラマ『SEDAI WARS』に主題歌という形で関われたことを光栄に思っています。
世代を超えて繰り広げられるバトル。そんなドラマにピッタリの曲ができたと思います。
今までのBlue Vintageと違った一面が見れるような楽曲になってますので、ドラマと一緒に楽しんでいただけたらと思います!

異色のオリジナルドラマ『SEDAI WARS』は、どのような物語となるのか、今から楽しみだ。

(C)「SEDAI WARS」製作委員会・MBS

アニメージュプラス 編集部

最終更新:2019/12/10(火) 18:10
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事