ここから本文です

もったりしがちな冬に加えたい「マイルドなイエロー」の上手な取り入れ方

2019/12/10(火) 17:00配信

GISELe

愛着のあるベーシックアイテムを、これから先の装いへと導くキレイ色。その選択も「よく着る4色に合う色」の黒や茶、ホワイトベージュ、そしてグレーで考えれば、自ずと正解が見えてくる!

着まわしイエローの取り入れ方をぜんぶ見る


MILD YELLOW
「穏やかな品につながるマイルドなイエロー」
ベージュの延長のような感覚で使えるフレンドリーな明るさが、冬に陥りがちなもったり感を払拭し、フレッシュな装いへと見違え。


GRAY KNIT HOODIE
+ NUANCE YELLOW
グレーパーカのきちんと感につながる気品をイエローで投入
さらっと1枚で着たいボリューミィなニットパーカ。ボトムの色がえを図るだけで品のよさに加えて単調な組み合わせの鮮度も上昇。

ニットフーディ 21,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) イエロータックパンツ 33,000円+税/SEA(エスストア) カーキサングラス 18,000円+税/A.D.S.R.(4K) 黒パンプス 30,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店) ほっそりとしたフォルム&ハリのある素材なら、淡い色でも膨張知らず。

GRAY KNIT HOODIE

「圧縮ニットでマイナーチェンジ」
ニットフーディ 21,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) ハリによってかなう、フードの立ち上がりも魅力。

GISELe編集部

最終更新:2019/12/10(火) 17:00
GISELe

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事