ここから本文です

ディーン・フジオカ、相棒・岩田剛典の“ツッコミ力”を絶賛「切れの良さが魅力」

2019/12/10(火) 12:00配信

ザテレビジョン

俳優・ミュージシャンとして幅広く活躍するディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)が、“月9”ドラマ「シャーロック」(毎週月曜夜9:00-9:54※12月16日[月]の最終話は夜9:00-10:24、フジテレビ系)で、世界一有名な名探偵“シャーロック”誉獅子雄を演じている。

【写真を見る】獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)のコミカルなやりとりも話題!

獅子雄は、岩田剛典演じる相棒の“ワトソン” 若宮潤一や、佐々木蔵之介演じる“レストレード”江藤礼二を自由気ままな言動で振り回しながら、毎回天才的な頭脳を働かせ、難事件を解決に導いてきた。

本格ミステリーというだけでなく、獅子雄と若宮のコミカルなやりとりが物語のスパイスの一つとして、話題を集めている。

「WEBザテレビジョン」では、主演のディーンにインタビューを実施し、ここまで演じてきての感想を聞いた。

■ ディーン「獅子雄というキャラクターが確立してきた」

――クランクイン時と比べて獅子雄という役の捉え方について何か変化はありましたか?

始まったばかりの頃はみんな手探りで、今まで皆さんが抱いていた“シャーロック像”に似ないように、という気負いがみんなの中にもあったと思います。

でも、今はそういうのはないですね。何となく、獅子雄というキャラクターが確立してきたというか。“獅子雄っぽさ”というのが明確になってきていますね。

――役作りで意識した点を教えてください。

ここまで一貫して意識してきたことはセリフの言い回しだったり、スピード感だったり、視線の送り方ですね。あえて(相手を)見なかったり、あえて見たりとか。

所作とか呼吸も意識しました。あとは、とにかく(劇中で弾く)バイオリンの練習はしていますね。

――これまで撮影してきた中で、特に印象に残っているシーンがあれば教えてください。

体を使うという意味では、4話のボクシングの回は壮絶でしたね(笑)。場の空気もあって場所も後楽園ホールで。自分もリングに立つとは思っていなかったので、ボクシングの経験が生かせて良かったなと思いました。

セリフ回しの難易度が高かったのは6話ですね。あとは9話で、リストランテという一つの場所の中で事件が起こって、いろいろなことが解明されていくっていうのは大変でした。でも、終わった時の達成感はこのチームの一体感を得られた瞬間でもありました。

――獅子雄にとって若宮との関係の変化についてはどう感じていますか?

若宮がだんだん獅子雄を受け入れ始めているのではないかと思います。獅子雄みたいな人が居たら面倒くさいじゃないですか(笑)。憎まれ口をたたきながらも獅子雄を受け入れていく若宮っていうのは、この物語の中でもまた別の一つのストーリーになっていると思います。

今後若宮とはどうなるのか分からないですが、獅子雄からは一人前にやっていけるように育ってきているなと、そう感じているんじゃないですかね。

――クランクイン時に比べて岩田さんとの距離感は縮まってきましたか?

岩ちゃんとも蔵さん(佐々木蔵之介)とも「初めまして」の時よりは縮まっていると思いますしチーム全体として、現場の時間がすごく楽しいと個人的には思っていて、本当にそれはありがたいことだと思います。本当にポジティブなメンバーがそろっているなと。

――岩田さんの俳優としての魅力を教えてください。

共演していく中で、ツッコミの切れの良さは魅力が光るところですね。彼なりにいろいろ考えて、言葉を足したり、日々横で見ていて、この作品を良くしようという一生懸命な姿を見ているので、そういう意味では自分も他のキャストもみんな良い刺激になっているんじゃないでしょうか。

――獅子雄を演じる上で、監督から言われた印象的なことがあれば教えてください。

「ドアは閉めない(笑)」。例えば、冷蔵庫のドアを開けてもドアは閉めない、玄関のドアを開けてもドアは閉めない、車を降りてもドアは閉めない(笑)。

「本当にそれでいいんですか?」と聞き返してしまったほど、かなりインパクトが大きかったですね。一回やると、やり続けなきゃいけなくなるので。今のところはそれをちゃんとクリアしています。

――最後に、またこのチームでドラマを作りたいと思いますか?

このメンバーでお仕事をさせてもらえることが自分は楽しいので、それはありがたいことだなと思うし、どういう形であれ、見たいと言ってもらえるのはうれしいですね。いつか獅子雄の過去を“エピソード0”としてやったら面白いなと思います。

(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/10(火) 12:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事