ここから本文です

東北の奇祭「やや祭り」が山形県の千河原八幡神社で開催

2019/12/10(火) 12:13配信

ウォーカープラス

山形県東田川郡庄内町の千河原八幡神社で、2020年1月12日(日)に「やや祭り」が開催される。

【写真】奇祭を見ようと全国から多くの人が訪れる

庄内町千河原に古くから伝わる「やや祭り」は、雪の降りしきる厳寒の中、ケンダイという腰ミノ姿の裸少年達が冷水を浴び、安産と無病息災・身体堅固を祈願する東北の奇祭。この祭りは約300年前から行われているという。

担当者は「5~15歳の男児が、みそぎ台の上で手桶で何杯も冷水を浴び、集落内を一周した後、神社にお参りします。肩から何杯も冷水を浴びる光景は迫力満点。会場となる千河原八幡神社には駐車場がないので、公共交通機関を利用してお越しいただくことをおすすめします」と話す。

東北の奇祭を直接見られるチャンス。厳しい寒さを感じる祭りを見に行こう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

最終更新:2019/12/10(火) 12:13
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事