ここから本文です

Snow Man、初の「Mステ」単独出演が決定!デビュー曲「D.D.」を披露

2019/12/10(火) 7:00配信

ザテレビジョン

12月13日(金)放送の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に、Snow Manの単独出演が決定。2020年1月22日(水)に発売されるデビュー曲「D.D.」を披露する。

【写真を見る】16歳とは思えない色気…ラウールの舌ペロSHOT

12月27日(金)に11時間超にわたって放送される年末大型特番「ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE」(昼0:00-夜11:10、テレビ朝日系)には“SixTONES vs Snow Man”としての出演が決定しているSnow Manだが、それに先駆けて、一足早いパフォーマンスとなる。

■ 楽曲「D.D.」の印象について

今回の楽曲について、岩本照は「アップテンポな楽曲で、聴いている人たちも踊りたくなるようなところ」と魅力を分析。向井康二は「“ダンシングダイナマイト”という強いフレーズ。そして、ダンス曲ですがおしゃれなメロディー」が魅力だと話し、目黒蓮は「ジャニーズの革命を起こすということで、この曲で良かったなと思います」と思いを明かした。

そして、阿部亮平は「Snow Manが、ジャニーズの新しい時代を創っていくんだという強い覚悟が込められた歌詞と、瞬き禁止な激しいダンスに注目してください」と見どころを語る。

さらに、佐久間大介は「サビ後半の歌詞の英語が格好いいと思って、何て言っているのだろう? と思い調べてみたら、英語で“2歩進んで1歩下がる”と言っていたんです。これは世界一かっこいい“2歩進んで1歩下がる”なのではないかと自負しています」と歌詞の魅力について解説し、「それを見てもらって、いろんな方にまねしてもらいたいです」とアピールした。

また、ダンスについてはラウールが「一体感が出るように、みんなでテンションをそろえました」とコメント。宮舘涼太は「イントロの、人と人の間を飛び込み前転で通り抜けるところ」はこだわりでもあると話し、深澤辰哉も「序盤の飛び込み前転は、人の上を飛び越えているプレッシャーと、頭を地面にぶつけてはいけないというプレッシャー2つと戦いながら毎回やっています」と苦悩を告白した。

■ 初となる単独「ミュージックステーション」出演の思いとは…

今回、初となるミュージックステーション単独出演に関して岩本は、「デビュー前の今の時期に出させていただけること、本当にうれしく思います。僕たちジャニーズのパワーをたくさんの人に見ていただきたいです」と話し、深澤は「夢にまでみたSnow Man単独の出演なので、思いっきり楽しんで、見てくださっている人たちも楽しんでもらえたらうれしいです」と語る。

また、「本当にうれしいです。このうれしさをバネにSnow Manを初めて見る人にも衝撃を与えるようなパフォーマンスをします」(ラウール)、「ずっと見ていた番組に出演できることは夢のようで、非常にうれしい気持ちでいっぱいです」(渡辺翔太)、「初めての単独出演なのですごくうれしいです。あまり緊張せずいつも通りのパフォーマンスを見せたいです」(向井)とそれぞれ喜びのコメントを。

そして、阿部は「ジャニーズ事務所に入所して15年、 今までたくさんMステに出演してきましたが、それは先輩のバックとしてで、自分たちだけでこの番組に出演するのが憧れでした。今回は初めて自分たちだけのステージ。一つの夢がかないます、最高に楽しみます!」、目黒は「単独出演、デビュー曲初披露というのは特別なことなので、自分の中でも大切な思い出にできるよう、挑みたいと思います」と意気込みを述べた。

さらに宮舘は、「本当にありがとうございます。単独で出演させていただくのは夢だったのでうれしいです。初めてですが一生懸命パフォーマンスし、楽しみたいです」、佐久間は「デビュー前に単独で出させていただき本当にうれしいです。僕たちに少し早めのクリスマスプレゼントをくださり、本当にありがとうございます。出させていただいたからには、見てくれるすべての人に忘れられない“衝撃”をプレゼントしたいなと思います」と、口々に熱い思いを語った。(ザテレビジョン)

最終更新:2019/12/10(火) 7:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ