ここから本文です

「暴力は許されない」 中国監督、日本戦の“ラフプレー”を弁明「選手たちに言ったのは…」

2019/12/10(火) 23:33配信

Football ZONE web

E-1初戦で日本と中国が激突 中国DFのキックが橋岡大樹の後頭部を直撃

 森保一監督率いる日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦。FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)とDF三浦弦太が代表初ゴールを挙げて2-1と勝利した一方、中国DFによるラフプレーもあった。中国のリー・ティエ監督は試合後の会見で、そうしたプレーは意図したものではないと弁明している。

【動画】衝撃のラフプレー! 中国代表DFジャン・ジーポンが日本代表MF橋岡に見舞ったカンフーキック

 日本は今大会に国内組のみのメンバーで臨み、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれとなった。中国戦では3-4-2-1システムを採用。この試合が代表デビューとなるDF橋岡大樹(浦和レッズ)は、右ウイングバックとしてスタメン出場した。

 前半29分にはFW上田綺世(鹿島アントラーズ)、MF森島司(サンフレッチェ広島)の連係から鈴木が先制点を記録し、順調な試合運びを見せていたが、直後の同31分、橋岡に危険なプレーが襲いかかった。右サイドのタッチライン際でロングボールを受けようとすると、後方から中国代表DFジャン・ジーポンが一気に距離を詰め、ジャンプしながら左足を大きく振り上げる。すると、この足が橋岡の首元と後頭部を直撃し、そのままピッチに倒れ込んだ。

 主審はすぐさまイエローカードを提示したが、もう少し勢いがついていればスパイクの裏で後頭部をより強打したかもしれない危険なプレー。このワンシーンについて、試合後の記者会見では中国メディアからリー・ティエ監督に「ジャン・ジーポンがレッドカードでもおかしくないファウルを犯したが、どのように考えているのか」と厳しい質問が飛んだ。この問いに対して、リー・ティエ監督は次のように答えている。

「選手たちに言ったのは、ピッチ上で暴力は許されないということ。ジャン・ジーポンには試合後に話を聞いたが、彼は『相手が見えておらず、ボールを止めようとしたら起こってしまった』と言っていた。私はクラブチームを率いていた時、退場や警告はとても少なかった。それが私のスタイルだ」

 激しさを求めるなかでも、ジャン・ジーポンのようなプレーは意図していないと“弁明”。敵将にとっても“ラフプレー”は本意ではないことを強調していた。

Football ZONE web編集部・片村光博 / Mitsuhiro Katamura

最終更新:2019/12/11(水) 11:36
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事