ここから本文です

酒が飲めない人には理解しがたい酒飲みの発想

2019/12/10(火) 8:00配信

東洋経済オンライン

「酒を飲むことが、毎日の楽しみ」という人が多い一方、最近では、お酒は時間の無駄とばかりに酒を飲まない人も増え、飲酒をめぐる価値観が多様化しています。
そもそも酒とは何なのか?  4年前、30年間毎日飲み続けた酒をやめ、新著『しらふで生きる 大酒飲みの決断』を上梓した作家の町田康さんと、酒の席には極力出ないというライターの武田砂鉄さんが語り合いました。

この記事の写真を見る

■人間関係には酒の力が必要なのか? 

 武田 砂鉄(以下、武田):僕自身、お酒をさほど飲まないこともあって、常々疑問に思っているのが、「なんでお酒ってこんなに偉いんだろう?」ってことなんです。

 町田 康(以下、町田):まったく飲まれないんですか? 

 武田:会社員時代には仕事の付き合いで飲んだりもしていましたが、今は、酒で盛り上がることが前提になっている場には極力行かないようにしています。例えばですが、盆栽が好きな人は、そうでない人に、「なんでお前盆栽やらないの?」とは言いませんよね。

 人の趣味は人の趣味、自律してあって他者には要求してこない。それなのに、お酒だけはなぜ垣根を越えて要求されるんだろう? と思うんです。

 町田:なぜ酒が偉いのか、共通の前提のようになっているのかは僕もよくわからないところもあるんですが、酒っていうのは人と人が関係を持とうとするときの飲み物だと思うんです。初対面だと遠慮があるし、会ったばかりの人と何かについて熱情を込めて語り合うって難しいじゃないですか。でも酒を飲むとかなりの部分がまやけてきて、ただただ理屈なく熱情だけが顕在化する。

 武田:その遠慮は、そのまま存在してはいけないんでしょうか?  熱情にしても、それ、初日から急いで獲得しなくてもいいんじゃないかと思ってしまうんです。

 町田:熱情を別にしても、人と人が話をしようと思ったら、ある程度距離が近くないとあかんのが、昔に比べて個人のプライベートゾーンが広がっていった。それで、酒でも飲んで縮めないと適切な距離感にならないというのもあるんじゃないかな。

 武田:なるほど、昔だったら5だった距離が、気づいたら10くらいに広がっていて、その差を埋めようとしている、と。でも、お酒を信じる人って10から5じゃなく、急に3までいこうとする人が多くないですか。

1/3ページ

最終更新:2019/12/11(水) 12:24
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事