ここから本文です

「アナ スイ」事業撤退も化粧品は継続販売 来夏にはスキンケアも復活

2019/12/10(火) 17:00配信

WWD JAPAN.com

三越伊勢丹ホ―ルディングスが2020年3月末で「アナ スイ(ANNA SUI)」事業を終了するというニュースの余波が広がっている。婦人衣料および雑貨のマスターライセンサーとしてのブランドライセンス事業、輸入販売、卸事業から撤退するが、これまでサブライセンスとして販売していた化粧品やバッグ、財布、アクセサリーなども終了になるという噂がSNSを中心に行き交っている。実際のところは、アメリカ本国のアナ スイ社とサブライセンシーが個々に契約を結びというもの。アルビオンが展開する化粧品「アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)」も直接契約し来年以降も継続する。来年度には十数年ぶりにスキンケアを復活させるなど新たな挑戦にも乗り出す。そこであらためて化粧品の取り組みを、アルビオンの小林勇介常務国際事業本部本部長に聞いた。

【画像】「アナ スイ」事業撤退も化粧品は継続販売 来夏にはスキンケアも復活

WWD:三越伊勢丹HDによる「アナ スイ」事業から撤退のニュースを聞いたのは?

小林勇介アルビオン 常務 国際事業本部本部長(以下小林):1年程前に話を聞いていましたが、そもそも「アナ スイ コスメティックス」は三越伊勢丹グループのためだけに作られたブランドではないため、ブランドの世界観を大切に今後も継続していく思いは変わらなかったですね。むしろ、ブランドが持つ個性や独自性はもっと広げていけると感じています。

WWD:今後の契約形態はどのような形になるのか。

小林:「アナ スイ コスメティックス」の売り上げ構成比は国内が30~40%、海外が50~60%です。これまで、国内は三越伊勢丹HDとのサブライセンス契約でしたが、海外で展開するものに関しては本国との直接契約で行っていました。今後は国内も本国との直接契約になるため、当社としては契約先が集約されてよりスムーズに事業が進められるようになります。

"「店舗のない地方でポップアップイベントを実施」"

WWD:来年以降、取り扱い店舗に変更はあるのか。

小林:現在は百貨店を中心に販売網が広がっていて、百貨店が20店舗、化粧品専門店が11店舗あります。来年以降、伊勢丹が運営する「アナ スイ ブティック」を数店舗程度引き継ぎ、化粧品を中心とした雑貨やファッションなどをそろえたコンセプトショップを運営する予定です。当社以外のサブライセンス企業と連携を取りながら新しいブランドの形を表現できたらいいですね。店舗のない地方では、ポップアップイベントなどを実施してブランドとの接点を広げてファンを獲得していきたいです。

1/2ページ

最終更新:2019/12/13(金) 17:12
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事